西瓜糖の日々 ブローティガン – 『西瓜糖の日々』(河出書房新社)

Jan 06, 2019 · Amazonでリチャード ブローティガン, Richard Brautigan, 藤本 和子の西瓜糖の日々 (河出文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。リチャード ブローティガン, Richard Brautigan, 藤本 和子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また西瓜糖の日々 (河出文庫)もアマゾン配送商品な

4.3/5(20)

西瓜糖の甘くて残酷な世界が夢見る幸福とは何だろうか。澄明で静かな西瓜糖世界の人々の平和・愛・暴力・流血を描き、現代社会をあざやかに映して若者たちを熱狂させた詩的幻想小説。ブローティガン

4.3/5(20)

リチャード・ブローティガン(Richard Brautigan、1935年 1月30日 – 1984年 9月14日? ?)は、アメリカ合衆国 ワシントン州 タコマ出身の作家、詩人。 1964年、小説『ビッグ・サーの南軍将軍』を出版。以後『アメリカの鱒釣り』、『西瓜糖の日々』、『芝生の復讐』などを発表、1976年には来日している。

死没: 1984年9月16日(49歳没)?, アメリカ合衆国・カ

「西瓜糖の日々」 リチャード・ブローティガン (アメリカ) <河出書房新社 文庫本> 【Amazon】 わたしには名前がない。かつてはマーガレットと恋人どうしだったが、今はポーリーンを愛している。

『西瓜糖の日々』 著者:リチャード・ブローティガン 翻訳:藤本 和子 出版社: 河出書房新社 isbn-13: 978-4309462301 発売日: 2003/07/20. 今回のレビューは2005年9月30日の初版第二刷の内容を元にして

『西瓜糖の日々 (河出文庫)』(リチャード・ブローティガン) のみんなのレビュー・感想ページです(143レビュー)。作品紹介・あらすじ:コミューン的な場所、アイデス”iDeath”と”忘れられた世界”、そして私たちとおんなじ言葉を話すことができる虎たち。西瓜糖の甘くて残酷な世界が夢見る幸福と

3.9/5(143)

リチャード ブローティガン『西瓜糖の日々』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

74%(443)

※「西瓜糖の日々」リチャード・ブローティガン著/藤本和子訳 ほとんどのものが「西瓜糖」でできたコミューン「iDeath(アイデス)」では、西瓜糖油のランタンが灯り、川底には死者たちが眠る。

リチャード・ブローティガンは、ダフネ・デュ・モーリア同様、いつか読みたいと思っていた作家の一人です。 藤本和子さんによる日本語訳が絶賛されていることは知っていましたが、その翻訳の素晴らしさを味わうためにも、まず英語で読まねばと思っていたのです。

みなさん、眠くないですか。 私、数年前から昼間の眠気が激しくなって、仕事中ボーッとしてしまうんですが、白昼夢を見るダメ探偵が出てくるブローティガンの「バビロンを夢見て」みたいだなと思ってたら、先日睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

【収録】『路上』ケルアック(福田実訳) 『土曜の夜と日曜の朝』シリトー(永川玲二訳) 『西瓜糖の日々』ブローティガン(藤本和子訳) 『愛人』デュラス(清水徹訳) 【本体】全体に薄めのヤケがありますが、その他には顕著な瑕疵は見受けられず、良好な状態を保っています。

Jul 01, 2003 · 西瓜糖の日々 – リチャード・ブローティガン – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

4/5(87)

リチャード・ブローティガン「西瓜糖の日々」 (”In Watermelon Sugar” (1968)) いま、こうしてわたしの生活が西瓜糖の世界で過ぎてゆくように、かつても人々は西瓜糖の世界でいろいろなことをしたの

ブローディガンさんの著作の中で好きな『愛のゆくえ』をもう1度読んでみようと思います。 2014年8月11日 リチャード・ブローティガンさんの『西瓜糖の日々』。読みおわり。雰囲気のある小説です。

【無料試し読みあり】西瓜糖の日々(リチャード・ブローティガン):河出文庫)コミューン的な場所、アイデス“iDeath”と“忘れられた世界”、そして私たちとおんなじ言葉を話すことができる虎たち。西瓜糖の甘くて残酷な世界が夢見る幸福とは何だろうか。澄明で静かな西瓜糖世界の

4/5(70)

木と石と西瓜糖からなる建造物。 退屈なぐらいにゆるやかに過ぎる時間。 理想の場所<アイデス>と、荒くれもの以外は足を踏み入れない<忘れられた世界> 毒の少ないルイス・キャロルなのかとの印象で読み始めたが、各章の最後のフレーズは妙に意味深なトーンを醸し出していて、アイ

西瓜糖の日々 – R.ブローティガン/著 藤本和子/訳 – 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。

そうとわかれば、ほかの作品にもあたってみたくなる。『西瓜糖の日々』、ほんとうにいいので、知らないやって人には薦めたい。それともみんな、おれがセリーヌの愚痴を聞いている間に、いや、それ以前にブローティガンあたりは読んじまってるのかな

たまには最近読んだもの以外の本についても書いてみたいなと思いました。それでこれ。僕はあんまり二度三度と本を読み返すことをしないほうで、その数少ない例外というのがこの「西瓜糖の日々」なのです。*1 *2 西瓜糖の世界はとても淡泊で、生活という生活のあらゆる細部が脱色されて

何だかブローティガンが読みたくなる。 この本は、名前のない「わたし」が、アイデス(iDEATH)に暮らすいきさつやら、日々を描く。 その名前と言い、それを取り巻く「忘れられた世界」や、対立するインボイル(in boil?)、虎たちや鱒たちなど、とても意味ありげな世界観が作られる。 だ

西瓜糖の甘くて残酷な世界が夢見る幸福とは何だろうか。 澄明で静かな西瓜糖世界の人々の平和・愛・暴力・流血を描き、現代社会をあざやかに映して若者たちを熱狂させた詩的幻想小説。ブローティガン

しかし、『西瓜糖の日々』を読んで、ぼくのそうしたリチャード・ブローディガンに対するイメージは一新された。 語り手「わたし」はアイデスという静かでつましい共同体で暮らしている。

西瓜糖の日々 河出文庫 – リチャード ブローティガンのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンライン

藤本さんは、「アメリカの鱒釣り」、「西瓜糖の日々」を始めとするブローティガン作品の翻訳のほとんどを手掛けてこられた方で、この本では上に挙げた詩をプロローグとして、ブローティガンの家族や友人(藤本さんも含まれる)の回想から

Amazonでリチャード・ブローティガン, 藤本 和子の西瓜糖の日々 (1975年)。アマゾンならポイント還元本が多数。リチャード・ブローティガン, 藤本 和子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また西瓜糖の日々 (1975年)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

解説で柴田元幸さんが、大学生の時に翻訳を読んで「翻訳の文章でも文章自体から快感を得ることが可能なんだと知って大変驚いた」と書いている。 ぼくじしんも、この小説世界の静けさと暴力、冷たさと温かさ、それでも決して行き過ぎることのない狂気に浸っていると、快感と不安とで胸

Jul 01, 2003 · 『西瓜糖の日々 (河出文庫)』や『アメリカの鱒釣り (新潮文庫)』や『愛のゆくえ (ハヤカワepi文庫)』などリチャード・ブローティガンの全40作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

その他、ブローティガンの著作も、往来堂の海外文学コーナーにありますよ!(いぬ) 『西瓜糖の日々』 リチャード・ブローティガン・著 藤本和子・訳 河出文庫・刊 780円+税 お取り置きフォームへ. お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡

西瓜糖の日々 (1975年)の感想・レビュー一覧です。

31%(2)

現在「やさしい」という言葉は絶対的な善であるかのように流通している。しかし本当にそうなのか。『西瓜糖の日々』でブローティガンは、やさしさという暴力によって排除されるものについて語ってい

リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』への牧 眞司の書評。リチャード・ブローティガン(Richard Brautigan 1935-1984)アメリカの作家。詩を書いていたが、「自分には文章が書けることを発見」して小説の執筆をはじめる。『ビッグ・サーの南軍将軍』(1964)、

西瓜糖の日々 (1975年)の感想・レビュー一覧です。

その他、ブローティガンの著作も、往来堂の海外文学コーナーにありますよ!(いぬ) 『西瓜糖の日々』 リチャード・ブローティガン・著 藤本和子・訳 河出文庫・刊 780円+税 お取り置きフォームへ. お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡

リチャード ブローティガン 西瓜糖の日々 河出文庫 : リチャード ブローティガン | HMV&BOOKS online – 9784309462301 本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。

++++西瓜糖世界の人々の生活。1ページ、1ページが詩のようでもある。あまりに静かな世界。例えるなら、村上春樹の長編4作目『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の”世界の終わり『西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン

リチャード・ブローティガン 『アメリカの鱒釣り』 Trout Fishing in America (晶文社 1975) のち新潮文庫 『ホークライン家の怪物』 The Hawkline Monster: A Gothic Western (晶文社 1975) 『西瓜糖の日々』 In Watermelon Sugar (河出書房新社 1975) のち文庫

『西瓜糖の日々』 リチャード・ブローティガン 藤本和子訳 アイデス〔ideath〕のすぐ近くの小屋に住んでいる「私」が語る日々。「私」には決まった名前が無い。私たちがノスタルジックに思い浮かべることがあったら、それが彼の名前になるらしい。

現在「やさしい」という言葉は絶対的な善であるかのように流通している。しかし本当にそうなのか。『西瓜糖の日々』でブローティガンは、やさしさという暴力によって排除されるものについて語ってい

[mixi]今月の課題図書 リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』 2009年4月の課題図書、リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』の感想はこちらです。

リチャード ブローティガン; 西瓜糖の日々 (河出文庫) 【終戦記念日 特集】8月15日に読みたい本を集めました 西瓜糖の日々 (河出文庫)

先月読んだ「愛のゆくえ」がとても良くて気に入ったリチャード・ブローティガン。(感想) 今度は夜中に台所で僕は本を読みたかったのkeiさんが、「私のエヴァーグリーンです」と仰っていた「西瓜糖の日々」を読んでみました。 「愛のゆくえ」は物語としてまとまってたんですが、こちら

書名:西瓜糖の日々 著者:リチャード・ブローティガン/藤本和子訳 出版社:河出書房新社(河出文庫) 発行年月:2003年07月 ISBN:4309462308 本体価格:760円(税込798円) 12/7読了だがこちらで。

「西瓜糖の日々」 リチャード・ブローティガン 「いま、殺りにゆきます」 平山夢明 「広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由」スティーブン・ウェッブ 「神は妄想である」リチャード・ドーキンス

西瓜糖の甘くて残酷な世界が夢見る幸福とは何だろうか。澄明で静かな西瓜糖世界の人々の平和・愛・暴力・流血を描き、現代社会をあざやかに映して若者たちを熱狂させた詩的幻想小説。ブローティガン

『西瓜糖の日々』ブローティガン BOOK この作品や、 村上春樹 の『 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド 』、『 海辺のカフカ 』に描かれるような、言ってみれば「記憶の街」のようなファンタスティックな質感は、そのテクスチュアだけでなに

西瓜糖の日々 / リチャード・ブローティガン (藤本和子訳) テーマ:最近、読んだ本を教えて!(16266) カテゴリ:本・読書. 木と石と西瓜糖からなる建造物。

顔を出さない「はくる」のTwitterアカウントには5万人以上のフォロワーがおり、その中には著名な作家や翻訳家、アーティスト、編集者などが並ぶ。

『西瓜糖の日々 (河出海外小説選 29)』(リチャード・ブローティガン) のみんなのレビュー・感想ページです(6レビュー)。

もさんのリチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』についてのレビュー:光るお墓など、死のメタファー(概念)と

アイデスと呼ばれる集落で暮らす人々。そこでは太陽が曜日によって違う色に輝き、西瓜糖が作られていた。死者はガラス張りで川に沈められる。かつて主人公の両親は虎に食われて殺された。彼はそれからアイデスで暮らし始める。アイデスの人々は虎を絶滅させ、西瓜糖を作り続けた。

小川 : 『愛の生活』と同じようにつねに机の脇に置いてあるのが、リチャード・ブローティガンの『西瓜糖の日々』。これは私がデビューした時に担当してくれた編集者がプレゼントしてくれたもので、カバーも可愛らしくて素敵な本。

『西瓜糖の日々』に続く、ブローティガン四作目の長編。再読。あまりらしくない邦題だが、原題を直訳すると「妊娠中絶 – 歴史的ロマンス1966年」となる。ブローティガンらしいポエティックで非現実的な設定と、いつも以上に淡々とした描写で構成された

西瓜糖の日々のあらすじ・作品解説ならレビューン小説. リチャード ブローティガンの小説西瓜糖の日々についてのあらすじや作品解説はもちろん、実際に西瓜糖の日々を読んだユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。

リチャード ブローティガン『愛のゆくえ』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約224件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

【収録】『路上』ケルアック(福田実訳) 『土曜の夜と日曜の朝』シリトー(永川玲二訳) 『西瓜糖の日々』ブローティガン(藤本和子訳) 『愛人』デュラス(清水徹訳) 【本体】全体に薄めのヤケがありますが、その他には顕著な瑕疵は見受けられず、良好な状態を保っています。

取り敢えず読んでみるブローティガン3冊目。その中では本作が一番しっくりきました。 3冊読んでみたところ、個人的には最後までピンときませんでした。 断片的に魅力を感じる部分は多々あるのですが、総体としては殆ど何も感じません。 何に対する不感症なのでしょうか。

文中のブローティガンの引用は、リチャード・ブローティガン、藤本和子訳『西瓜糖の日々』(河出文庫、2003年)に拠った。 また、冒頭の直筆の署名はリチャード・ブローティガン自身に拠るものである。 それでは次回「最終夜 こんな夢を見た!

「西瓜糖の日々」は、大好きなリチャード・ブローティガンの小説の題名からつけました。 日々のこと、食べたもの、手作りしたもの、撮影した写真などをここに記録していけたら、と思います。

西瓜糖の日々 <河出海外小説選 29> <河出海外小説選 29> 佐藤書房 ¥1,010. 著者 リチャード・ブローティガン 著 ; 藤本和子 訳

ブローティガン『西瓜糖の日々』p.9 ヒッピーとは無関係だと言った ブローティガン ですが、書斎の窓の外になにかのコミューンが崩壊していくさまを静かに見つめながらこの本を書いたんじゃないかとも想像してみたくなる。