アビダルマ仏教 特徴 – アビダルマ仏教(あびだるまぶっきょう)とは

部派仏教(ぶはぶっきょう、英: Early Buddhist schools )とは、釈迦の死後百年から数百年の間に仏教の原始教団から分裂して成立した諸派の仏教 。 アビダルマ仏教ともいう 。 紀元前3世紀頃に原始教団が上座部と大衆部に分裂(根本分裂)したのち、この2部派がさらに分裂してゆき、部派の数は

阿毘達磨(あびだつま、巴: Abhidhamma, アビダンマ、梵: Abhidharma अभिधर्म, アビダルマ、音写:阿毘曇(あびどん)、毘曇(びどん)、阿鼻達磨)とは、仏教の教説(具体的には経蔵、律蔵など)の研究・思想体系、およびそれらの解説書 ・注釈書のこと 。

サンスクリット語: अभिधर्म

世界大百科事典 第2版 – アビダルマの用語解説 – 仏教の創始者釈迦の滅後約100年して(前3世紀半ばアショーカ王の頃と思われる)仏教教団はしだいに20ほどの部派に分裂し,煩瑣にして壮大な論蔵(アビダルマ(阿毘達磨)abhidharma)を打ち立て論争を行った。この時代の仏教を小乗仏教といい,西洋

アビダルマは一つの仏教経典を指すのではなく、仏教教義の解説書・論説書・綱要集のすべてを指すものであり、アビダルマは『アビダルマ・シャーストラ(阿毘達磨論集)』を読み解くことによって理解できるという学術的側面を持っている。

これはアビダルマ仏教の特徴と言えるだろう。 部派仏教における最高位の聖者は阿羅漢(あらかん)(Arhat、アルハット)と呼ばれる。阿羅漢(あらかん)は羅漢(らかん)と同じで、無学あるいは 応供(おうぐ)とも呼ばれる。

部派仏教(アビダルマ仏教)の特徴と仏性思想(如来蔵思想)についてわかりやすくまとめて教えてください。お願いし

Read: 128

鳩摩羅什は原始仏教や上座部仏教の主流を形成したアビダルマ仏教に精通していましたが大乗仏教に転向し、主に中観派の論書を研究しました。384年に中国・後涼の捕虜となりますが、401年に後秦に迎えられ長安に移転しました。

アビダルマ仏教とも呼ばれる。釈迦や直弟子の伝統的な教義を守る保守派仏教。仏滅後100年頃に戒律の解釈などから、上座部と大衆部に分裂(根本分裂)、さらにインド各地域に分散していた出家修行者の集団らは、それぞれに釈迦の教えの内容を整理

創始者: 釈迦

「アビダルマ仏教を批判して成立した大乗仏教」というフレーズを見かけました。 アビダルマ仏教とは何ですか?文脈から想像すると小乗仏教のことなのでしょうか? 【追加回答】知ったかぶりして赤っ恥をかく、という

Read: 1294

大乗仏教と小乗仏教(部派仏教)の違い. 仏教には、小乗仏教と、大乗仏教の二つがあります。 では、ブッダは小乗仏教と大乗仏教の2つの教えを説かれたのかといいますと ブッダは1人ですから、2つの教えを説かれたのではありません。. ではなぜ仏教に2つの教えがあるのでしょうか?

仏教哲学(ぶっきょうてつがく) [要追加記述] 。 仏教は、インドで紀元前6世紀に釈迦が創始した宗教であり、ひとつの学問体系であるといえる。 しかし、釈迦の説いたのは、それまでのインドの思索や体系、また価値観と不可分である。

上座部仏教(小乗仏教)の教義でもあるアビダルマの特徴であり限界でもあるのは、『法(ダルマ)』の外から世界や法を客観的かつ合理的に眺める過度に理論的・知的な姿勢であり、『普遍的な法(ダルマ)の中で煩悩・苦悩に塗れて生きる私』という

名称. 仏教は、一般に、初期仏教・部派仏教・大乗仏教に分類される 。 部派仏教とは、初期仏教教団の根本分裂によって上座部と大衆部が生じ、これがさらに分派して多くの部派が分立した時代の仏教を総称するために明治期の日本で使われ始めた仏教学用語である 。

仏教学者の櫻部建は、阿毘達磨倶舎論について、説一切有部のアビダルマ論書が多数世に現れたのちに、その業績を継承して、その上にさらに新しい進展を加え、およそアビダルマ論書の一つの完成態というものを示した もので

[PDF]

降のアビダルマ仏教を特徴づけるものとなろう. そこで,本 稿では,初 期のテキストに記述される 「アートマン」の同義語であ る 「プドガラ」等 の術語をもとに,初 期アビダルマ仏教の特質を明らかにしたい.

Author: Shigeru Saito
[PDF]

アビダルマ仏教における霊魂の存在について 齋 藤 滋 (名古屋大学) 1.問題の所在 初期仏教では,人間を分析し,人格の主体となる霊魂(我)の存在は認 めず,その構成を씔五蘊씕に分類した。

アビダルマ仏教 釈尊滅後の仏教教団は、釈尊の説いた教え(経, sūtra)および教団の規則(律,vinaya)を深く研究し、整理・発展させ厖大な論書(論, abhidharma)を作成し、たがいに煩瑣な論争に従事した。この時代の仏教をアビダルマ仏教という。

Amazonで宮本正夫の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

仏教のルーツは原始仏教 仏教と一言でいっても数多くあります。 実は仏教は一つではありません。 仏教は今から約2600年前に、インドで誕生した宗教です。 ゴータマシッダルータ(釈迦牟尼)が最初に説いた宗教です。 しかし歴史

第1節 部派仏教. 1. アビダルマ哲学 2.説一切有部 3.説一切有部の教理. 第2節 大乗仏教. 1. 第1節 ヒンドゥー教の成立と特徴. 1.

仏教は宇宙をどう見たか アビダルマ仏教の科学的世界観 化したいとの機運が高まり、釈尊が入滅されてから400~500年ほど経過して、「アビダルマ」と呼ばれる体系化が行われることになる。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 説一切有部の用語解説 – 薩婆多部と音写され,有部と略称される。釈尊の死後 300年頃,仏教は 20部派に分裂したが,説一切有部はそのなかの一派で,上座部から分れた。その特徴は,我空法有,三世実有法体恒有を説くところにある。過去,現在,未来

大乗仏教の思想的な特徴について、「菩薩」「六波羅蜜」「空」「利他行」といった用語を用いて説明しなさい 釈尊が、生きていた頃の原始仏教時代から部派仏教時代を経て、大乗仏教がどのような背景の下で成立に至ったのかについて考えた上で、原始仏教・部派仏教、部派仏教の思想との

アビダルマはインド仏教諸部派に起こりましたが、なかでも説一切有部のものは、中国・日本・チベットなどのいわゆる北伝仏教において仏教教義の基礎学として重視され、学ばれ続けてきました。

[PDF]

ダルマが仏教の最も中心的な観念であることについては贅言を要しない。近代の著名な仏教学者の中でダルマ に言及していない方は恐らく一人もいないであろ う ( ( 。現在、各種の仏教辞典に載っている意味の説明が学説とし

[PDF]

仏教の現代的意義 その他の宗教があるわけでございますけど、そういうものとどういうふうに教義的に特徴づ. るゆる仏教の教義の面から、それが哲学としてあるいは宗教として他のですね、たとえばキリスト教、ヨーロッふうに思っているわけであり

ところでダルマとは何か。ダルマ(法)は、多義的な語であるが、仏教ではまず「ブッダの教え」(仏法)を意味する。アビダルマ論師たちは「ブッダの教え」の体系化をめざしたが、主たる関心は世界の全体的な理解にあった。

その他(学問・教育) – 仏教という異質な文化要素が入ってきたとき、今まで築いていた日本文化はどのように変容していったのでしょうか?? そして仏教も日本に入って来た事によって日本的な変容をし

(1)仏教用語。仏の身に備わっている32種の優れた特徴。そのいくつかを下に記す。前頭部の肉がこぶ状に盛り上がっている。額の中央の白毫(びやくごう)という長い毛は巻いて珠玉状となっている。 長広舌といって舌が大きく長い。 指と指のあいだが鳥の水かきのようにつながっている。

アビダルマ入門 と聖一派の動向に注目しながら、〈ひとつの仏教〉をキーワードにして、その終焉と日本仏教の特徴とも言える「宗派」の成立についてご講演いただく予定です。 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

アビダルマ入門 と聖一派の動向に注目しながら、〈ひとつの仏教〉をキーワードにして、その終焉と日本仏教の特徴とも言える「宗派」の成立についてご講演いただく予定です。 皆様のご来場を心よりお待ちしております。

この出家教団の仏教を小乗仏教※3(部派仏教)といいます。部派に分かれたので部派仏教※4ともいわれ、またアビダルマ(abhidharma)仏教ともいいます。分裂した中で最も有力な部派は、説一切有部でし

[PDF]

はアビダルマの偉大な学究でもあった。彼の仏教研究は、アビダルマの著 作と共に始まった。大雑把に言えば、仏教の主流はブッダの教え、および 仏教哲学の4つの学派から成り立つ。ブッダの基本的な教えのハンドブッ クがアビダルマ〔Abhidharma〕である。

アビダルマ文献のうち最も有名なものは、ヴァスバンドゥ(世親、4、5世紀頃)の『阿毘達磨倶舎論』(あびだつまくしゃろん)である。 これは、大部な『婆舎論』の内容をときには批判をまじえて巧みに要約したもので、仏教教理の基礎をなすものとみ

業については、アビダルマ仏教の精密な分析が参考になるところがあります。そこでここ数日、アビダルマ仏教の業の分析に基づく見解を書いています。 アビダルマ仏教では「異熟(いじゅく)」という聞き慣れない業(カルマ)の結果を指摘しています。

一口に仏教と言っても複数の宗派が存在します。アビダルマ教とも呼ばれる宗派や大乗仏教、密教などが代表的で、密教については日本の漫画やアニメなどでも紹介されたりすることが多いためご存じの方も多いでしょう。 仏教の特徴.

鎌倉新仏教(祖師仏教)には、大乗仏教の総合性と普遍性が欠落した祖師の特徴的な選択的仏教観?に特徴があり、祖師が選択した思想のみが正しい仏教であるとする偏狭性が突出している特徴が濃厚に見ら

隋の仏教 (581‐619年) 後漢以来350年ぶりの中国を統一した政権である。隋の皇帝みずから熱心な仏教帰依者であり、仏教は積極的に保護された。また、仏教は統治における人心収攬(しゅうらん)という目的もあった。

初期仏教について、詳しい方回答お願いします。私は宗教を信仰していないのですがアルボムッレ・スマナサーラという初期仏教の長老さんの書いた本を読むと、仏教、特に初期仏教は宗教ではないという印象がありました。宗教、というより人間のmindの特性、その他生活や、文化などを長年

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 仏教の用語解説 – 前500年頃に北インドで釈迦(ゴータマ・シッダールタ)が創始した宗教。釈迦は悟りを開いて仏陀となり,原始仏教の教団をつくった。釈迦の死の約 100年後,教団は上座部と大衆部に分裂し,その後も多くの分派に分かれた(→部派

Amazonで佐々木 閑の仏教は宇宙をどう見たか―アビダルマ仏教の科学的世界観 (DOJIN選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。佐々木 閑作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また仏教は宇宙をどう見たか―アビダルマ仏教の科学的世界観 (DOJIN選書)もアマゾン配送商品なら通常配送

空ということばの使われ方を歴史的に見ていきますと、初期仏教やその後のアビダルマ仏教の時代には禅定と結びついた実践的な意味合いが強調されます。 そして菩薩は、悟りや涅槃をも含むあらゆるものに固定した特徴を見ることがなく、すべてに無

 ·

,{ ÿàz ¤0ó0É0ÏNYen0zvU\,{ ÿÀ{0è >mÏNYepÿpÿ¢0Ó0À0ë0Þ0òTf[ ÿ ÿè >mÏNYeh0¢0Ó0À0ë0Þ0òTf[n0 bËz. 0Ö0Ã0À0n0eQÅnŒ_100t^S0 0 0YeãVo0‹_n0ã‰È‘’0 0P0c0f0 0ÝOˆ[>mn0 N§^è h02 ik>mn0’YFˆè ÿ`0D0W00v0 ÿk0 RˆW0_0 0]0n0Œ_U0‰0k0 Rˆ’0K0U0m0 0 bËzW0_0è >mn0peo0 ÿ ÿB0‹0D0o0 ÿ ÿh0 OH0‰0Œ0‹0 0

仏教の術語。サンスクリット語でアビダルマabhidharma、パーリ語でアビダンマabhidhammaという。 部派仏教の個々の教義、教義体系、または論書を示す語。 原始仏教において創始者釈尊の教説は法(教え)と律(教団規則)の二つに分類されていた。

このように大乗仏教の基礎となる考えかたは殆どすべて小乗仏教(アビダルマ仏教=部派仏教)にその起源をたどることができる。大乗仏教は小乗仏教を否定し革新したことによって新しく生まれたとよく言われるが、そうではないことが分かる。

五位は、以下の5つをさす。 (有為法(saṃskṛta, サンスクリタ) – 生滅変化する現象界の要素 。因縁変化を成立させる法

大乗仏教は衆生を救済する目的の仏教で、それに対して小乗仏教は、釈迦の教えを守る弟子たちのための教えだったとも言われています。 修行などを通じて、個人の救済を求める考え方である点が異なっています。 大乗仏教は菩薩が仏陀の境地に達してからも、何度でも一切の命のあるものを

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 無常の用語解説 – 仏教用語。万物が生滅変化し,常住でないことをいう。「諸行無常」と用いて,三法印の一つ。一般的には,常のないこと,定まりのないことを意味し,「無常の風」などと用いて,人生のはかないことをいう。

仏教が日本に初めて大陸から伝わったのは、飛鳥時代といわれ、現在まで引き継がれている日本の伝統仏教の宗派は「13の宗派」といわれています。現在の日本にある13の伝統仏教は、奈良仏教系、密教系、法華系、浄土系、禅系、修験道系の6つに分類されます

部派仏教は、アビダルマ仏教とも呼ばれ、原始経典を注釈・解説した学問仏教である。学派も論書内容も多岐にわたって煩瑣であるが、アビダルマ論書のなかで最もポピュラーなのが『阿毘達磨倶舎論』で

仏教は釈迦仏、その教えである法(ダルマ)、その実践者である僧からなる三宝を中心に組織されている 。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定

仏教 宗派 釈迦以後、インド本国では大別して部派仏教、大乗仏教、密教が時代の変遷と共に起こった。部派仏教詳細は「部派仏教」を参照アビダルマ仏教とも呼ばれる。釈迦や直弟子の伝統的な教義を守る保守派仏教。仏滅後1

れる。観を哲学的に考察する。そこには単なる文献学の枠にとどまることなく、西洋哲学にもとづく解釈が随処に見らガーの「存在」の概念に近づけてアビダルマ仏教におけるダルマの観念を哲学に関連づけ、初期仏教の「真理」 このように仏教教理を思 ・

大乗仏教の特徴. 西暦紀元初頭に大乗仏教が登場します。インド北西部でカニシカ王の庇護を受けた大乗仏教は、小乗と呼ばれた仏教に取って代わろうとはせずに、新しい観念や実修法とともに登場しました。

華厳宗は仏教哲学を極めるための宗派! 奈良仏教でも特に高度な論理を持つ華厳宗の特徴は掴めたでしょうか? 時代を同じくして勃興した南都六宗のうちその半分が姿を消しているにも関わらず、華厳宗は今なおその思想が脈々と受け継がれています。

仏教と言えば、お経。一般人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、意外や面白いストーリーが展開されていたり分かりやすいたとえが出ていて親しみが持てる物なのです。

部派仏教時代のアビダルマ教学では、いわゆる四向四果とよばれる、悟りにも 階梯があり、少しずつ階段を上るように悟りを開く(漸悟)という。 この考えは、無知と煩悩(欲)の程度で悟りのステージを分ける思想が核となっている。

初期仏教から大乗仏教へ 1. 部派仏教と大乗仏教 初期仏教–>根本分裂(上座部/大衆部)–>枝葉分裂–>部派仏教 部派仏教(アビダルマ仏教)は,各々の宗派の伝承に基づき経論律を整備するとともに, 学問的に法の分析を追求した.

Amazonで服部 正明, 上山 春平の仏教の思想 4 認識と超越 (角川文庫ソフィア)。アマゾンならポイント還元本が多数。服部 正明, 上山 春平作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また仏教の思想 4 認識と超越 (角川文庫ソフィア)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

しかし、アビダルマ仏教の思想家たちが「無常無我」の思想を否定している、というのはナーガールジュナが彼らに浴びせた批判であって、アビダルマ仏教の思想家たち自身はもちろん、真の仏教徒としての自負を持ち、「無常無我」の思想を否定している