千葉市 地震被害想定 – (12) 千葉県

千葉市地震ハザードマップ(平成29年3月) 千葉市地震ハザードマップ(平成20年12月) 千葉市地震被害想定調査報告書(平成29年3月) 地震ハザードマップに関するよくあるお問い合わせ; 千葉市地震被害想定調査結果の概要(html版)

平成26・27年度千葉県地震被害想定調査報告書. 各ファイルはpdf形式で掲載しています。 平成26・27年度に実施した「千葉県地震被害想定調査」の結果を掲載します。

総論

千葉県地震被害想定調査(平成19年度) 県では、平成19年度に、近い将来千葉県に大きな影響を及ぼす可能性のある地震について、被害想定調査を実施しました。この調査結果について、さまざまな形で公表しています。 千葉県地震被害想定調査報告書

千葉市地震ハザードマップ(平成29年3月) 千葉市地震ハザードマップ(平成20年12月) 千葉市地震被害想定調査報告書(平成29年3月) 地震ハザードマップに関するよくあるお問い合わせ; 千葉市地震被害想定調査結果の概要(html版)

千葉市地震ハザードマップ. 地震ハザードマップの配布. 危機管理課(市役所3階)、各区役所地域振興課、コミュニティセンター、公民館、図書館の窓口で配布しています。 よくあるお問い合わせ. 地震ハザードマップと地震被害想定調査に関連するデータ

建物被害のチェック. 昔と今の地形の比較. 防災教育映像. 揺れのCG画像. 千葉県教育委員会の活動. 被害想定の詳細(h27) 断面図・スペクトル図. 被害想定の詳細(h19) このサイトの使い方; 用語集. サイト

県では、これまでも3回にわたり地震被害想定調査を実施し、地震防災対策に取り組んできたところですが、東日本大震災や国の地震被害想定調査などから得られた最新の科学的知見を踏まえ、平成26年度から新たに地震被害想定調査を進めてきました。

通常地図 淡色地図 写真. マップの不透明度(%) (透明に) onclick=btnOpaqOnClick(1);>(色を濃く) 0-100の値を入力してください. メッシュデータの表示 揺れやすさマップでSI増幅率を表示する

揺れやすさ: 地震の揺れが大きくなりやすいところ 液状化しやすさ: 震度の大きさによって液状化しやすいところ 地形からみたリスク: 地盤が崩れやすい/がけ崩れ等が起こりやすいところ等 津波浸水予測図: 地震の種類ごとに予想される津波の高さ

千葉県の被害想定. 千葉県の被害想定は以下のようになっている。高い津波が到達する地域の人口が少ないため、数字にはそこまで反映されていないが、千葉県南部において局地的に自力での復興が不可能な壊滅的な被害を受ける可能性がある。

首都直下型地震の千葉県での被害想定

通常地図 淡色地図 写真 . マップの不透明度(%) (透明に) (色を濃く) 0-100の値を入力してください. メッシュデータの表示 揺れやすさマップでsi増幅率を表示する

千葉県の地震被害想定調査結果について(平成20年4月) 千葉県の地震被害想定調査結果について. 附属資料へ. 平成20年4月24日 平成20年6月5日修正 千葉県総務部消防地震防災課 電話043(223)2176

松戸市地震被害想定の調査結果について(松戸市防災アセスメント調査報告書)(PDF:1,307KB) PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

市川市の地震被害想定は、地盤データ・市街地データ・建物データ・人口データなどを全てコンピュータ上にシステム化し、想定される地震の揺れで被害を シミュレーションしたものです。 地震が発生した場合には様々な対応が必要になります。

千葉県は13日、過去最大級の巨大地震や大型台風が発生した場合の被害想定を公表した。地震発生後は太平洋に面した房総半島南部や外房を中心

千葉県民のあなた、千葉県で起きる地震の発生確率ってどれくらいか知っていますか?そして対策しっかりできていますか? 「いつ発生するか」はわからないけれど、「いつか起きる」ことだけは確実ですので、いざ地震

南海トラフ地震の被害想定に関する朝日新聞デジタルの特集ページです。お住まいや仕事場などの市区町村を選ぶと、予想される最大震度や最

平成29・30年度船橋市防災アセスメント調査(地震被害想定)報告書について 船橋市近い将来発生する可能性が高いと予測されている首都直下地震として、千葉県北西部直下地震(m7.3)を対象とし、近年の技術的発展や東北地方太平洋沖地震等の被害状況を踏まえ、地震被害想定調査を実施し

[PDF]

中央防災会議. 首都直下地震対策検討ワーキンググループ. 首都直下地震の被害想定. 対策のポイント. Cabinet Office,

「地震防災地図」は、千葉県全体の津波浸水予測図、液状化しやすさ、液状化危険度、ゆれやすさ、想定震度分布等を示したものです。千葉県文書館にて税込3860円で販売しています。(平成25年7月現在)

地震ハザードマップとは. 市民の皆さんが、今後想定される大地震に対処していただけるよう、野田市に最も大きな影響を与える地震を想定し、地震ハザードマップを作成しました。 野田市地震ハザードマップ (pdf 6.9mb) 液状化危険度マップ

内閣府が29日発表した南海トラフ巨大地震の被害想定で、千葉県内で最大11メートルの津波が発生する可能性があることがわかった。東海沖から

政府が29日に発表した太平洋沿岸沖に延びる海溝「南海トラフ」で発生する巨大地震の被害想定。震源が千葉県内に最も近い「駿河湾?紀伊半島沖」で、巨大断層から分かれた「分岐断層」も連動する巨大地震が起きるケースでは、館山市など房総半島南部を

「揺れやすさマップ」の作成にあたり、東京湾北部地震(マグニチュード:m7.3)及び陸域の浅い位置で発生する成田直下の地震(マグニチュード:m6.9)の2つの地震を想定し、それぞれの地震ごとに揺れの大きさ(震度)をメッシュ単位で想定し、揺れの大きい方を掲載しています。

市川市 危機管理室 危機管理課 〒272-8501 千葉県市川市南八幡2丁目20番2号 電話:047-712-8563 fax:047-712-8762 このページについてのお問い合わせはこちら 市政へのご意見・ご提案はこちら

[PDF]

1 第1章 調査概要 平成28 年度千葉市地震被害想定調査の概要については、以下のとおりです。 第1 目的 本調査は、国・千葉県の地震被害想定から得られた最新の科学的知見などを踏まえ

首都直下地震の被害対策を検討してきた国の有識者会議は2013年12月19日、30年以内に70%の確率で起きるとされるマグニチュード(m)7級の地震で

Dec 19, 2016 · 市では、合併に伴い地域防災計画の見直しが必要となったこと、また、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を踏まえた予測手法が確立されてきたことや、国の中央防災会議に設置された首都直下地震対策専門調査会により、首都圏における広域な地震被害予測が実施されたことなどにより

首都直下地震の被害対策を検討してきた国の有識者会議は2013年12月19日、30年以内に70%の確率で起きるとされるマグニチュード(m)7級の地震で

平成19年度千葉県地震被害想定調査における想定地震のうち、佐倉市における被害が最も大きい「東京湾北部地震」を想定地震として、平成24年度に「佐倉市防災アセスメント調査」を実施しました。

千葉県では、明日(8日)朝から、南西のち西の風が非常に強く吹く見込みです。暴風や高波に警戒・注意してください。交通機関に影響が出る恐れがあります。補修した屋根のブルーシートが飛ばされる危険性がありますので、ご注意ください。 2019/12/02 9:00

想定した5つの地震の特徴と狭山市における被害想定は、次のとおりです。 想定地震の特徴 東京湾北部地震(マグニチュード 7.3) ・県南東部では、揺れや液状化により建物全壊や死者が発生する。 ・平成19年度調査と比べ、建物全壊棟数はほぼ変わらない

首都直下地震とは、東京圏(神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県及び茨城の一部)を震源とする大規模な地震です。なお、相模原市では、独自に市内を震源とする震度6強の地震と大正関東タイプ地震(関東大震災)を想定し被害予測を行っております。

[PDF]

市原市直下地震(Mw7.3) ⑬茨城県南部地震(Mw7.3) ⑯立川断層帯の地震(Mw7.1) ⑧東京湾直下地震 図 55 千葉市直下地震(プレート内)震度分布図 ④千葉市直下地震(Mw7.3) ⑫横浜市直下地震(Mw6.8) 震度 7 6強 5強 5弱 4 3以下 9

南海トラフ地震が起こった際には、太平洋側を中心に甚大な被害が出ることが予想されています。 どの都市も大きな被害が出るのは間違いありませんが、とくに「企業」や「施設」などに人口が集中している東京は人的被害に加えて、政治や経済などあらゆる方面での被害が想定されています。

〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 電話:047-451-1151(代表) ファクス:047-453-1547 開庁時間:平日午前8時30分から午後5時(祝日、年末年始を除く)

市では、合併に伴い地域防災計画の見直しが必要となったこと、また、兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を踏まえた予測手法が確立されてきたことや、国の中央防災会議に設置された首都直下地震対策専門調査会により、首都圏における広域な地震被害

静岡県第4次地震被害想定. 本県では、平成23年に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を教訓とし、また、国が実施した南海トラフ巨大地震の被害想定を踏まえ、静岡県第4次地震被害想定の策定に取り組んできました。

Mar 08, 2015 · 平成25年度に名古屋市が公表した「南海トラフ巨大地震の被害想定」をもとに、地震や津波によって名古屋市に起きると想定される被害を

南海トラフ地震の被害想定に関する朝日新聞デジタルの特集ページです。お住まいや仕事場などの市区町村を選ぶと、予想される最大震度や最

[PDF]

千葉県 松戸市、流山市 東京都 台東区、墨田区、江東区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、 江戸川区、東村山市、清瀬市、西東京市 立川断層帯地震、M7.3 表 震度6弱以上の地震動が予測される市区町村 87市区町村 都県名 区 域

銚子地方気象台のページです。千葉県内に被害を及ぼした主な地震のリスト等を閲覧できます。 千葉県 千葉県防災危機管理部防災政策課のページです。地域防災計画や地震被害想定の結果など様々な情報を閲覧できます。 千葉市 千葉市の防災のページです。

東日本大震災で津波被害を受けた千葉県旭市の仮設住宅(2012年3月撮影) は2013年12月19日、m7級の首都直下地震が発生した場合の被害想定を

船橋市ハザードマップ(地震・津波詳細版)を作成しました. 平成26年3月に全戸配布しました「地震・津波ハザードマップ」の詳細版を作成しましたので、防災活動にご活躍ください。 各種マップ(津波・地震・液状化・防災)のほか、

松戸市地震被害想定について 松戸市役所 〒271-8588 千葉県松戸市根本387番地の5 電話:047-366-1111(代表)fax:047-363-3200(代表)

今回の地震被害想定では、市内全域で約15件の出火が予想され、東西線沿線などの建物密集地域での出火が予想されます。 千葉県市川市南八幡2丁目20番2号

千葉市の防災のページです。 東京都 東京都防災ホームページです。地域防災計画や地震被害想定調査など様々な情報を閲覧できます。 神奈川県 神奈川県安全防災局危機管理部災害対策課のホームページです。地域防災計画、地震被害想定調査等を閲覧でき

[PDF]

柏市被害想定調査を実施したものです。 これまでの地域防災計画については、旧柏市では平成8年度に実施した柏市直下 型地震対策調査を、また、旧沼南町では千葉県が平成3年度から5ヵ年で実施した

台風や豪雨による水害、大規模な地震の揺れや液状化などの被害から生命・財産を守り、安全な避難に繋げるため、これまでのハザードマップの情報を統合した、冊子版の「あびこハザードマップ」を作成

千葉市の防災のページです。 東京都 東京都防災ホームページです。地域防災計画や地震被害想定調査など様々な情報を閲覧できます。 神奈川県 神奈川県安全防災局危機管理部災害対策課のホームページです。地域防災計画、地震被害想定調査等を閲覧でき

2018年は、島根県や静岡県、千葉県などで震度3〜5の地震が頻発しました。また、大阪では震度6弱の大地震も発生しています。これらは、南海トラフ巨大地震(東南海地震)の前触れではないかという予想や予言もささやかれています。南海トラフ巨大地震は

首都直下地震はいつ来てもおかしくありません。最近関東で地震が多いので心配なところです。そこで首都直下地震での神奈川県の地域別危険性についてまとめてみました。

総合防災ハザードマップは 、現在進めている地域防災計画修正の基礎資料とするために実施した防災アセスメント調査の結果等を踏まえ、大規模地震による揺れ・液状化のしやすさや建物等の被害想定結果、また各種災害関連情報や注意事項などを冊子にまとめお示しすることで、 市民の防災

南海トラフ地震で想定される震度や津波の高さ 政府の中央防災会議は、科学的に想定される最大クラスの南海トラフ地震(以下、「南海トラフ巨大地震」という)が発生した際の被害想定を実施しています。

野田市では、防災アセスメント調査(平成25年3月)から、本市に最も影響を与える野田伏在断層、いわゆる野田隆起帯を震源とする地震をもとに、想定地震の条件とそれに伴う被害想定を予測しました。

9月に千葉県を直撃した台風15号を巡って、県の対応を検証する外部識者会議が22日に初開催され、県の備えや初動時の「危機感の薄さ」に厳しい

京都府における地震・津波による被害想定 京都府では、平成9年度に第1次地震被害想定調査を取りまとめ、これを活用した地震防災対策の実施に努めてまいりましたが、それ以降、国の研究機関、大学、京都市などの地方自治体の調査・研究により地震・地盤に関する新たな情報が蓄積されてき

地震対策強化(被害想定策定)事業 地震対策強化(被害想定策定)事業について. 1目的. 本調査は、平成26年の長野県神城断層地震のような県内の活断層による地震に備えるとともに、平成23年の東北地方太平洋沖地震のようなこれまで想定していなかった場所・規模の地震や、将来起こりうる