老年人口指数 国勢調査 – 総務省|平成27年国勢調査「人口等基本集計結果」の公表

ここから本文です。 (最終更新)平成28年12月16日. 02a-q11 年齢3区分別人口 総務省統計局が5年ごとに10月1日現在で実施している「国勢調査」により、年齢3区分別人口(15歳未満人口、15~64歳人口、65歳以上人口)を、全国、都道府県、市町村ごとに調べることができます。

国勢調査の結果を地図上に表したものを,総務省統計局ホームページでも一部を利用することができます。 日本統計地図 日本統計地図は,国勢調査の結果による市区町村別の主要な指標(人口増減率等)を掲載した地図です。

[PDF]

従属人口指数 38.3 39.9 45.6 55.5 65.4 老年化指数 62.2 82.5 106.6 136.6 181.2 注)総人口には年齢不詳を含む。 資料:国勢調査 年少人口指数=年少人口/生産年齢人口×100 ★オンラインデータ有 老年人口指数=老年人口/生産年齢人口×100 従属人口指数=(年少人口

人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 推計

問. わが国の保健統計指標とその基となる資料の組合せである。正しいのはどれか。1つ選べ。 (1) 老年人口指数 —— 人口

る人口です。 最新の国勢調査人口を基準(現在は平成22年10月1日現在の国勢調査人口を基準)とし、 その後の毎月の住民基本台帳等の増減数を加えて推計した人口です。 一方、「住民基本台帳による世帯と人口(日本人及び外国人)」は、都内の各区市町村

区内人口・世帯数の推移や、区の人口を他市区町村と比較した結果などを掲載しています。 平成17年国勢調査について 平成17年(2005年)国勢調査報告. 町丁別・年齢別人口、区内の昼間・夜間人口などを掲載しています。 平成12年以前の国勢調査について

トップページ > 組織から探す > 統計分析課 > 国勢調査・平成27年国勢調査結果 平成29年 (2017年) 2月 28日. 統計分析課. 平成27年国勢調査結果. 基本集計. 人口等基本集計結果. 就業状態等基本集計結果. 人口

目次

1980 年. 人口 1686936 人 年少人口割合 22.9 % 生産年齢人口割合 66.0 % 老年人口割合 11.1 % 後期老年人口割合 4.0 % 年少人口指数 34.7 老年人口指数 16.8 従属人口指数 51.4 老年化指数 48.5

3-16 地区別年齢別人口 (excel 20kb) 3-17 地域別世帯人員別世帯種類別世帯数及び世帯人員 (excel 13kb) 3-18 地区別年少人口指数、老年人口指数、老年化指数及び従属人口指数 (excel 32kb)

広島県の国勢調査 このページの本文へ 市区町村,人口集中地区,年齢(3区分),男女別人口並びに従属・年少・老年人口指数,老年化指数及び平均年齢(昭和55年~平成27年) (Excelファイル)(377KB)

※神奈川県年齢別人口統計調査は、平成27年国勢調査の年齢別人口を基礎数値とし、住民基本台帳法、戸籍法等に定める出生、死亡、転入、転出の年齢別異動人口を加減して推計しているものです。

(2) 老年人口指数 〔生産年齢人口に対する老年人口の比率〕 (老年人口÷生産年齢人口×100) 大正9年から昭和25年まではほぼ横ばいであったが、昭和30年の10.9から上昇を続け、平成12年には28.7と大正9年以来最高となった。

[PDF]

各調査年毎の老年人口指数(生産年齢人口に対する老年人口の割合)をみると、戦前は7 ~8 あたりで推移していたが、以後高齢化が進むにつれて増え続け、平成22年には37.6 となっている。 15歳未満人口の割合は13.8%に低下し、過去最低を更新

平成27年国勢調査. 町丁・字等別集計. 発売中 人口編 . 全国 500,000円 (アカデミック価格 350,000円) 地域メッシュ統計. 発売中 その1 . 全国 300,000円 (アカデミック価格 210,000円)

[PDF]

人口指数,老年人口指数,従属人口指数のそれぞ れの分母には生産年齢人口をもってきます。他方, 老年化指数は老年化のスピードを表す概念として 使用したいので,分母には年少人口をもってきま す。 以後,いくつもの統計数値が登場しますが,記

[PDF]

ま え が き 群馬県では、5 年毎に行われる国勢調査の中間年における年齢別人口統計を補完するため、 昭和56 年から毎年10 月1 日現在で、年齢別人口統計調査を実施しております。

[PDF]

年少人口(0~14歳)+老年人口(65歳以上) 1.従属人口指数= × 100 2. 各年10月1日現在 生産年齢人口(15~64歳) 資料)昭和60年以前は総務庁統計局 『我が国人口の概観』 昭和60年国勢調査解説シリーズNo.1昭和61年12月,

平成27年10月1日現在の本県の総人口は1,166,729人で、平成22年国勢調査の1,196,529人と比べ29,800人、2.5%減少した。 本県の人口は、昭和30年の1,277,199人をピークに減少に転じ、昭和45年には1,155,566人まで減少した。

年齢別推計人口は,国勢調査の値を基に、住民基本台帳法の規定に基づく移動状況を加減して推計しています。 年齢(各歳)男女別人口,年齢3階級別人口ともに,1月,4月,7月,10月の3ヶ月ごとに集計

[PDF]

老年人口 (65歳以上の人口) 生産年齢人口(15~64歳の人口) (2) 比率計算に用いられた人口は各年10月1日現在の国勢調査または推計による人口 です。 松 本 市 長 野 県 世帯数指数 人口指数 1世帯当

以下は、平成22年10月1日現在の徳島県の国勢調査結果の概要の抜粋です。 【人口の規模と推移】 ・平成22年10月1日現在の徳島県の人口は、785,491人(男性372,710人 女性412,781人)で、全国47都道府県中44番目となっている。

[PDF]

1.宇陀市の人口の特性 資料:国勢調査 老年人口指数(=老年人口÷生産年齢人口×100)は平成32年 には、約79.1%、平成52年には100%を超える見込み

[PDF]

おり、その差は年少人口指数が1.7ポイント、老年人口指数が14.6ポイント、従属人口指数が16.2 ポイントとなっています。全国の老年化指数は、前年より8.6ポイント上昇して203.2となって おり、本市はこれを58.5ポイント下回っています。

平成22年国勢調査結果までは旧鳩ヶ谷市分の数値を含みません。(平成23年10月11日川口市・鳩ヶ谷市合併)(注意)以下の統計表は、EXCELファイル及びPDFファイル形式です。 第1表 人口等の推移 内容 人口(総数・男・女)、世帯数、平均世帯人員、人口増加数、対前回人口増加率(%)、性比

平成27年国勢調査「人口等基本集計結果」の公表 総務省は、平成27年国勢調査「人口等基本集計結果」を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。

「老年人口指数」「従属人口指数」言葉の定義 まずは言葉の定義について。厚生労働省の統計結果調査ページ(【厚生統計に用いる主な比率及び用語の解説】)を元に、主要用語に関する定義を箇条書きにして

[PDF]

3 国勢調査 -33 - 3 常住人口と昼間人口 (注)①平成12年までは合併前上越市の数値 ②本集計は年齢不詳のものを集計から除いているため、常住地による人口は確定人口とは一致しない

[PDF]

人口密度 (資料:国勢調査) 0 50,000 100,000 150,000 200,000 250,000 0 年 4 2 44 4 6 4 8 50 5 2 54 56 5 8 60 62 従属人口指数 = 年少人口指数 + 老年人口指数

平成27年国勢調査「人口等基本集計結果」の公表 総務省は、平成27年国勢調査「人口等基本集計結果」を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。

[PDF]

年次:平成27年10月1日現在 〈グラフ〉 年少人口指数 出典:国勢調査(総務省:5年毎の調査)、 15~64歳人口に対する15歳未満人口の比率 社会生活統計指標2017(総務省統計局) 老年人口指数(同

[PDF]

(5) 年齢構造指数のうち、年少人口指数は19.7、老年人口指数は38.8となっており、この2 つの指数を合わせた従属人口指数は58.6で、これによると、1.7人の生産年齢者で1人の 年少者又は高齢者を支えていることになります。

[PDF]

3 国勢調査 -33- 5 年齢(5歳階級)別人口 ⑴ 総数 (注)①平成12年までは合併前上越市の数値 ②年少人口:14歳以下人口、生産年齢人口:15~64歳人口、老年人口:65歳以上人口 ※構成比は不詳を含ま

[PDF]

国立社会保障・人口問題研究所は、平成27 年国勢調査の人口等基本集計結果、ならびに 同年人口動態統計の確定数が公表されたことを踏まえ、これら最新実績値に基づいた新た な全国将来人口推計を行った。以下、その概要を報告する。

[PDF]

3 国勢調査 -33 - 3 常住人口と昼間人口 (注)①平成12年までは合併前上越市の数値 ②本集計は年齢不詳のものを集計から除いているため、常住地による人口は確定人口とは一致しない

しかし、その後20年の間に、人口構造に大きな変化が生じ、2010年に行われた国勢調査では、高齢者を支える世代の20-64歳の人口が突出し、人口

人口静態統計とは、ある時点における人口およびその構造を調査するもので、総務省統計局の「国勢調査」がこれに該当します。国勢調査は、全国すべての人を対象として5年ごとに行われており、性別、年齢別、職業別の人口などのデータが得られます。

人口指数の求め方 年少人口指数=年少人口÷生産年齢人口×100 年少人口指数は、減少傾向にある。 従属人口指数=(年少人口+老年人口)÷生産年齢人口×100 従属人口指数は、増加傾向にある。 老年人口指数=老年人口÷生産年齢人口×100

国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じ

[PDF]

人口静態統計で得られるデータは,総人口,老年人口割合や生産年齢人口割合などの人 口の構成割合,老年化指数や年少人口指数など各種の人口指数,世帯数など,国勢調査*1 によって得られたデータに基づいて作成されます。

[PDF]

川崎市年齢別人口 (平成17年国勢調査確定数による) 年少人口指数は低下、老年人口指数は上昇傾向 年少人口指数(生産年齢人口に対する年少人口の比率)は前回調査より0.3ポイント低下し18.2と

[PDF]

また,老年人口指数は,昭和22年の5.8から上昇が続いています。平成29年は,前 年10月1日時点を0.8ポイント上回って,44.9(15歳から64歳までの生産年齢人口2.2 人に対し,65歳以上の老年人口1人)となりました。(表-2参照) 老年人口指数とは

[PDF]

1 調査の方法 この人口動態は平成27年10月1日現在の国勢調査による人口及び世帯数を基に、その後の石川県人口移動統 計調査による月々の出生、死亡、転入及び転出(住民基本台帳法に基づく異動)を加減して推計算出したもので ある。

[PDF]

平成27年国勢調査 人口等基本集計結果(長崎県) 〈表 2-1〉 年齢3区分別人口推移 総数 0~14歳 15~64歳 65歳以上 0~14歳 15~64歳 65歳以上

国勢調査は、日本に住んでいるすべての人・世帯を対象とした、国の最も基本的で重要な統計調査です。人口・世帯数をはじめ、男女・年齢別、産業別などの人口の構造や世帯の構成・居住状況を明らかにするため、「統計法」に基づいて実施されます。

人口推計のスタート時点である平成12(2000)年の日本の総人口は同年の国勢調査によれば1億2,693万人であった。 中位推計の結果に基づけば、この総人口は今後も緩やかに増加し、平成18(2006)年に1億2,774万人でピークに達した後、以後長期の人口減少過程に

[PDF]

珠洲市市章 「珠洲」は「スズ」と読み、市章は かたかなの「ス」を二字組合わせて珠 洲を、円周は和合を意味しています。

[PDF]

総人口 年少人口 生産年齢人口 老年人口 国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」に基づきまち・ひと・しごと創生本部作成。 【注記】 平成22(2010)年の人口を100とし、各年の人口を指数化している。 -

[PDF]

また、総人口に占める老年人口の割合を示す高齢化率とは別に、生産年齢人口に占 める老年人口の割合を示す老年人口指数は、高度経済成長期の昭和30 年では8.0 パーセント、昭和50年では5.6パーセントでしたが、その後の生産年齢人口の減少と老年 人口の

栃木県毎月人口調査報告書(年報)は、「 栃木県毎月人口調査 」の平成30(2018)年10月から令和元(2019)年9月までの調査結果(平成27年国勢調査結果を基礎としています)を収録したものです。 なお、過去の年報については冊子版を有償で頒布しております。

[PDF]

また、推計人口は国勢調査の結果に、人口移動調査の結果を加減して、各年10月1日現在にお ける年齢別人口等を推計するものです。 なお、この報告書では、平成17年国勢調査確定値を基本としています。

沖縄県における人口重心の位置は、『平成22年度 国勢調査』によれば「豊見城市役所の西14.0kmの海上」( )となり、『平成17年度 国勢調査』により算出された人口重心( )から東北東方向へ552メートル移動している 。 面積と推計人口

対前回国勢調査 人口性比 一方、老年人口指数(生産年齢人口100人に対する老年人口の数)は、昭和30年代~40年代は5~6台で推移していましたが、昭和50年以降上昇傾向にあり、平成12年は19.4と、調査開始以来最高の値となっています。

[PDF]

また、従属人口指数(生産年齢人口に対する従属人口(年少人口と老年人口)の比率)のうち、 老年人口指数が増加しており、将来的な社会的扶養負担の増加が危惧されます。 表 1-1 人口指標の推移 昭

[PDF]

年齢3区分別人口及び構成比〔国勢調査:各年10月1日現在〕 年齢別構成指数〔国勢調査:各年10月1日現在〕 平成 注:年少人口指数=年少人口÷生産年齢人口×100 老年人口指数=老年人口÷生産年齢人口

[PDF]

人で、平成22年国勢調査(以下「前回調査」という)と比べると36,071人 増加し、過去最多となっています。人口増減率は1.0%増で前回調査と比べると2.0ポイント低下 しています。 男女別に人口をみると、男性が. 1,855,985

老年化指数(年少人口に対する老年人口の比率)は、昭和55年までは20前後でほぼ横ばいでしたが、昭和60年から急激に上昇し、今回調査では130.9(年少者100人に対し、老年者が130.9人)となり、このことからも高齢化の進展がうかがえます。

[PDF]

人口密度については、国勢調査令等によって調査の対象外であった地域の面積を除いて算出さ れています。 なお、人口集中地区の面積は、総務省統計局において測定したものです。 人口性比 「人口性比」とは、女性100人に対する男性の数をいいます。

また、今回調査で初めて老年人口が年少人口を上回り、少子高齢化の進展がうかがえます。 本市の年齢構造指数をみると、従属人口指数(生産年齢人口に対する年少人口と老年人口との和の比率)は、昭和50~55年に年少人口の急増により最も高くなりました。