古森義久 ブログ – 古森ブログ

#古森義久に関するブログ新着記事です。|【古森義久のあめりかノート】日本での中国統一戦線工作|【あめりかノート】古森義久 対中融和唱える日本の異端|令和時代になぜ憲法改正 その3 改憲を求めるアメリカ Japan In-depth 古森義久|【古森義久のあめりかノート】危うい安倍首相の対中観|【夢

連載タイトル「古森義久の内外透視」 ジャーナリスト/国際教養大学 客員教授

このブログは文庫形式で論評を収録してあります。保存を目的にした文庫ブログですから、収録した記事・論評の検索には特に心を配っております。政治、外交、歴史など硬派の論評を収録してありますが、ユーザー数は一万五六六二、収録記事・論評は二万〇四二一

東南アジアが安倍首相の靖国参拝を擁護していると虚偽. 2014年 安倍政権の靖国参拝強行に関する古森義久氏の嘘を指摘しておく – 誰かの妄想・はてなブログ版. 古森氏は「東南アジア諸国からは、政府レベルでの今回の首相の参拝への非難は1月7日の現在にいたるまでまったく出ていない」と

「そこまで言って委員会」での古森義久氏の解説に目からウロコ⁉ | もとサービサー関係者の業務回顧録と身辺雑記. ホーム ピグ アメブロ. 芸能人ブログ 人気ブログ Ameba新規登録(無料)

産経新聞と古森義久氏、イラク戦争5年を総括する。 イラク戦争、開戦から5年 治安好転世論に変化 – Yahoo!ニュー 2007-09-30

頻出する「古森氏」という単語を、重隆さんではなく義久さんのつもりで読んでも、まったく違和感がありません(笑)。《古森氏》に対する「国益」の概念や報道機関のあり方に対する無理解への批判が、そのまま当てはまってしまいます。

古森義久(ジャーナリスト/国際教養大学 客員教授) 「古森義久の内外透視」 もし日本の一群の歴史学者たちがアメリカのオバマ大統領に書簡を送り、「アメリカ全体として過去の過ちを反省や清算することが大切だ」などと言明したら、どうなるだろう

古森義久 ジャーナリスト. 産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授。1963年慶應大学卒、ワシントン大学留学、毎日新聞社会部、政治部、ベトナム、ワシントン両特派員、米国カーネギー国際平和財団上級研究員、産経新聞中国総局長、ワシントン支局長などを歴任。

古森 義久(こもり よしひさ、1941年〈昭和16年〉3月11日 – )は、日本のジャーナリスト。 麗澤大学特別教授。 産経新聞 ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員。 国際問題評論家。 国際教養大学 客員教授。 ジョージタウン大学「ワシントン柔道クラブ」で指導経験がある柔道家

出身校: 慶應義塾大学, ワシントン大学

このブログは文庫形式で論評を収録してあります。保存を目的にした文庫ブログですから、収録した記事・論評の検索には特に心を配っております。政治、外交、歴史など硬派の論評を収録してありますが、ユーザー数は一万五六六二、収録記事・論評は二万〇四二一

人気ブログランキングに参加しています。こちらをポチッ とお願い申し上げます。 「日中の接近は失敗に終わる」米国から新たな批判 古森 義久.

元産経新聞の在米ジャーナリストの古森義久さんはその典型である。 これほどレベルの低い人も、なかなかいないと思う。 誤解されると困るが、なにも、古森さんのヘアスタイルが、翁長琉球総督にソックリなことを批判しているのではない。

産経新聞の古森義久記者も、裏を取らずに信じ込むのは危うい記事を書くデマ常習者です。 古森氏は「国際激流と日本日本人が知らない親日国家「20対2」の真実、安倍首相のアジア訪問で明らかに」という記事を2013年7月31日に書いており、その中で次の

古森義久は、そういう(かなり特殊な、しかし冷徹な)アメリカ人の意見を、日本人にとって重要な部分を隠して、嫌韓感情を喜ばせるような加工して、PVを稼ぐわけだ。 もちろん、古森義久はこう反論するかもしれない。

日本と異なるイランの実態――古森義久・ワシントン駐在客員特派員 【「緯度 経度」産経新聞 r01(2019).06.25 】 米国とイランとの対立が険悪な波紋を広げ始めた。安倍晋三首相の調停工作で日本にも両国の対立は一段と切迫感をもたらしたようだ。

「拘束された金正恩」写真を公開した米国の真意米韓が実施していた“特殊な訓練”の内容が明らかに2020.1.1(水)JBpress古森義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授米軍が11月に韓国軍と合同で金正恩委員長ら政権首脳を急襲する作戦

古森義久. 1 2 「アベが慰安婦の『強制徴用』を否定するのは、日本軍を合憲の軍隊として復活させるために旧日本軍の記録をごまかす企図なのだ」―― こんな趣旨の「解説」にはさすがに驚いた。

Apr 28, 2007 · 古森義久氏のグッジョブ! ボタンを押しても動画が再生されませんが、どうすれば閲覧できるのですか?それと別ブログで見つけたのですが、副島隆彦が古森氏をボロクソこきおろしてる記事を見つけました(私はそこにコメント書き込みました)。

Dec 01, 2002 · 著者「古森義久」のおすすめランキングです。古森義久のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員「2017年 『ト

古森 義久 ※「JBpress」に掲載している記事や写真などの著作権は、株式会社JBpressまたは執筆者などコンテンツ提供者に帰属しています。

Mar 31, 2017 · 米国は、第2次大戦後の70余年で最大と言えるこれらの危機を招いた責任と指導力を問われている。米国民がドナルド・トランプ氏という異端の人物を大統領に選んだ背景には、こうした世界の危機への認識があった──。

Oct 01, 2018 · 産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員(長いなこの肩書き)・古森義久氏のブログがかなり面白い。古森氏は、毎日、産経の記者などとして、ジャーナリスト人生のほとんどを海外で過ごしている、日本のジャーナリズム界において最も世界情勢を「肌で知った」人物の一人である。

「古森は自身のブログでウィキペディアを~」の段落は削除が適当ですね。この一件は、実体はウィキペディアの陰に隠れて古森氏を罵倒した某ユーザーと勘違いした古森氏とがネット上で口喧嘩したというだけのことです。新聞や雑誌で事件として

古森義久 古森義久の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(201

恩讐こえた米越の絆「もっと勝利感をこめて!」ニューヨークのカーネギーホールにベトナム語と英語でこんなかけ声が響いた。2011年10月

産経新聞のワシントン駐在記者である古森義久氏のブログに書き込んだ。 Commented by sponta 小森義久様 おひさしぶりです。と申し上げても、お会いしたのが20年以上前で、私がTBSラジオの無名スタッフの一人だったので、先生のほうはご記憶ではないと思います。

#古森義久に関する一般一般の人気記事です。

産経新聞の古森義久論説委員が自身のブログで黒田東彦アジア開発銀行総裁の日銀新総裁就任について疑問を呈しています。古森さんの批判点は黒田アジア開発銀行が行ってきた対中援助についてです。

日本の伝統、文化を大切にし、自立心を重んじます。民主的な諸外国と協調する一方で、威嚇やタカリ、誹謗中傷する国には毅然と対応する国造りを望みます。少子化に伴う経済や財政の負担を克服し、過去に拘らず将来にむかって強く美しい国にしていきたい。

救う会:★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2019.12.19)膠着状況が続く朝鮮半島情勢のもとで拉致被害者救出を考える国際セミナー4 古森義久(ジャーナリスト、麗澤大学特別教授) cvidという言葉がありますが、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化のことですが、これは変えていない ・古森が

産経新聞の古森義久論説委員が自身のブログで黒田東彦アジア開発銀行総裁の日銀新総裁就任について疑問を呈しています。古森さんの批判点は黒田アジア開発銀行が行ってきた対中援助についてです。

産経新聞のワシントン駐在記者である古森義久氏のブログに書き込んだ。 Commented by sponta 小森義久様 おひさしぶりです。と申し上げても、お会いしたのが20年以上前で、私がTBSラジオの無名スタッフの一人だったので、先生のほうはご記憶ではないと思います。

産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員(長いなこの肩書き)・古森義久氏のブログがかなり面白い。古森氏は、毎日、産経の記者などとして、ジャーナリスト人生のほとんどを海外で過ごしている、日本のジャーナリズム界において最も世界情勢を「肌で知った」人物の一人である。

(稲田千明代表のブログより転載) 大成功に終った山陰神話研究会・第25回稲田千明講演会 > 尖閣諸島への攻撃を急ぐ中国軍(産経新聞・古森義久氏のブログより転載)

トランプ氏のアジア政策は安倍晋三首相の構想を堂々と採用したものだった 保守本流に近づく米外交 古森義久。これが、これまでの東アジアをインド洋にまで広げ、その地域に民主主義の主権国家を主体に自由で開かれた価値観の秩序を築く、という政策ということになっています。

古森義久(こもり よしひさ、1941年 – )は、ジャーナリスト、産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員。. 執筆記事の論調は親米保守(というよりも親共和党右派。 。)思想を基調とし、中国・北朝鮮・パレスチナなど米国・イスラエルと対立する諸勢力に対しては批判的で距離を置く。

^ 古森義久『個人誹謗の「フリー百科事典」』(ブログ「ステージ風発」) ^ 古森義久「中国の衛星破壊で米国は大ショック」page 2(日経bp社「safety japan」コラム 第41回) ^ 「慰安婦」追及のホンダ議員 中国系の献金突出産経新聞2007年3月15日付国際面

日本の伝統、文化を大切にし、自立心を重んじます。民主的な諸外国と協調する一方で、威嚇やタカリ、誹謗中傷する国には毅然と対応する国造りを望みます。少子化に伴う経済や財政の負担を克服し、過去に拘らず将来にむかって強く美しい国にしていきたい。

ブログタイトル のん子の呟き・・・ ブログURL https://blog.goo.ne.jp/n1717 ブログ紹介文 やっとお花畑から目覚めた70代主婦のあれこれ 更新頻度(1年) 376回 / 365日(平均7.2回/週) ブログ村参加:2015/06/16. 本日のランキング (IN)

【私の評価】★★★☆☆(77点) 古森さんは、元毎日新聞・現産経新聞社員。 井沢さんは、元TBS記者。 稲垣さんは、元朝日新聞社員。 2002年発刊された古い本ですが、 15年前に従軍慰安婦のウソを 明確に指摘している点は

古森義久; ニクシュ氏が「報復」と言っているのに、古森が「懲罰」と言っているのが象徴的。交渉・取引の延長のはずなのに、対韓強硬論の人は“韓国に罰を与える”つもりになっている。

(2ページ目)著者「古森義久」のおすすめランキングです。古森義久のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員「2

大晦日の夜に配信されました。今年一年の仕事納めですが、収録自体は数日前にしてました。今回は経済が専門なのは僕だけなので、その意味では政治を専門にされるみなさんの発言は興味深いもので勉強になりました。 出演 古森義久 脇雅史 西岡力 篠原常一郎 田中秀臣 山田吉彦 山岡鉄秀

投稿日:2016/9/10 古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授) 「古森義久の内外透視」 朝日新聞が9月7日朝刊で報じた自社の世論調査で憲法改正の賛成が反対の2倍近く、つまり圧倒的に上回るという結果が出た。しかも改正を求める人たちの最も多くが憲法9条を問題にしているという

古森義久氏の資料の読み方 – 永井和の日記 – 従軍慰安婦問題を論じる. 21 users; ianhu.g.hatena.ne.jp/nagaikazu 政治と経済

古森氏がそのブログで紹介している高知県知事の取締方針はそういう目的で出されたものでした。 地方警察の報告と警保局通牒・副官通牒との関係 しかし、このような渡航厳禁方針がとられると、慰安婦を戦地に送ることはできなくなってしまいます

古森義久氏の自爆芸 denial industry」(歴史家 Alexis Dudden のことば)を生み出しているとしていますが、さしずめ古森 Apemanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?

国連 人種差別撤廃委員会 会議要約 抄訳 中国 ゲイ・j・マクドゥーガル ケリー・e・カリー 古森義久 ダイアン・フェインスタイン ナンシー・ペロシ ニコラス・マルガン マイク・ペンス マイク・ホンダ 俞建華(ユ・ジェンホワ) 移民の権利 教育 差別 市民

この新方針はこの記者ブログのオーナーである古森義久だけでなく、産経記者ブログ全体を管理するイザ!編集部の意向です。 日本国内でも現在はインターネット上の誹謗中傷の記述の刑事責任が追及されるようになりました。

韓国の元外交官「今の韓国は正常な国ではない」 7/31(水) 12:00配信 日本が韓国向け半導体材料の輸出規制を強化したことに抗議して韓国・ソウルで行われたデモ(2019年7月25日、写真:yonhap news/アフロ) (古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)「文在寅(ムン

(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が日本との軍事情報包括保護協定(gsomia)の破棄を言明しながら、期限切れの土壇場で延長へと態度を逆転させた。そのことに対して米国の有力研究機関から厳重な抗議が表明された。

米国で増えてきた「北朝鮮を軍事攻撃せよ」の声 — 古森 義久 / 北朝鮮の新型の大陸間弾道ミサイル(icbm)「火星15号」の発射以来、米国では一段と北朝鮮への軍事攻撃を促す声が高まってきた。 北朝鮮の核兵器とicbmの開発を防ぐには軍事オプションしかない、全面戦争による大惨事を防ぐた

古森義久氏の『モンスターと化した韓国の奈落』 (ビジネス社)を読んだ。 著者はいうまでもなくベテラン・ジャーナリスト。ワシントン、ロンドン、北京にも新聞社の支局長として長期赴任しており、グローバルな視点から国際情勢を報道し続けている。

米国が韓国・文政権を見放す日は近い — 古森 義久 / 韓国の文在寅政権は北朝鮮との融和を最優先し、米国が求める北朝鮮の非核化を真剣に考えていない。トランプ政権内外では、文政権に反対する韓国内の保守派への期待が急速に高まってきた──。

引用元: ・【古森義久】日本の北朝鮮化?憂う朝日新聞 「日本は北朝鮮のようになってきた。なぜなら日本人が安倍晋三首相をほめるからだ」[8/13] (´・ω・`)<話題になってるニュースだよ

産経新聞のワシントン駐在客員特派員、古森義久氏のブログで、衝撃的な事実が語られている。nytの反日社説が、実は日本人によって書かれていたというものだ。話題の主は玉本偉。

日米関係について2017年の振り返りと2018年の展望を、政治ジャーナリストの細川珠生氏が産経新聞ワシントン駐在客員特派員で在米ジャーナリストの古森義久氏に2週にわたり話をきいた。(上)の続き。

つくづく思う。朝日新聞は世界に歪曲した報道を流し、日本を貶めることを自らの使命と考えているのか、と。見知っている個々のまじめな記者を思い出すと、「そんなはずはない」と打ち消す気持ちがある。 だが、朝日全体の行動を見ると、そう疑われても仕方がないだろう。

【あめりかノート】中国の無法を糾弾せよ ワシントン駐在編集特別委員・古森義久(2012.10.18) @niftyが提供する 無料ブログ