原監督 駅伝全国化 – 「箱根駅伝の全国化に賛成」 原晋・青学大陸上部監督 :日本経済 …

箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は4日、関東学生陸上競技連盟から声が上がり始めた箱根駅伝を全国化する案に賛成する考えを

第96回箱根駅伝(来年1月2、3日)の発表会見が10日、都内で行われ、青学大の原晋監督(52)は持論としている「全国化」を改めて訴えた。 1920年に第1回大会が行われた箱根駅伝。

(スポーツ報知)第96回箱根駅伝(来年1月2、3日)の発表会見が10日、都内で行われ、青学大の原晋監督(52)は持論としている「全国化」を

Jan 14, 2018 · 今年の箱根駅伝で、見事4連覇を飾った青山学院大学を率いるのが、名将・原晋監督。最近では、本を出版したり、バラエティ番組はもとより

1: 2018/01/05(金) 13:09:28.81 ID:CAP_USER9青学大・原監督が見据える箱根駅伝、全国化も大賛成 箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は4日、関東学生陸上競技連盟から 声が上がり始めた箱根駅伝を全国化する案に賛成する考えを示した。 往路のテレビ視聴

箱根駅伝は、今年も往路が27.2%、復路が28.4%と高い視聴率を挙げた。私も見ていて、わくわくしたりハラハラしたり楽しんだのだが、10区で最も

たとえば、知名度抜群の青学大・原晋監督が故郷・広島の大学で指揮を執るようになれば、広島には世羅、隣の岡山には倉敷という近年の全国

「箱根駅伝」全国大会化は是か非か?監督らが大激論 西日本がズラリ 選手出身高校ランキング

箱根駅伝は関東学連から取り上げて全国化すべきだと思う もうインカレ=箱根駅伝でいいでしょ. 関東の大学はそういう位置付けだし — SSS_1912 (@SSS_1912) January 2, 2014. 近年では、青山学院大学の原監督も箱根駅伝の全国化について言及しています!

同年3月17日、東京都港区のホテルにて行われた「3大駅伝・報告会」において、原自ら「本来なら3大駅伝制覇と箱根駅伝5連覇が共に叶ったら、ひっそり監督業を去ろうかなと思った時もありました」と話し会場をざわつかせる場面があった。

東京五輪に向けた新企画「スポトピ2020」に3日連続で登場する、青学大陸上部長距離ブロックの原晋監督(52)の2回目。昨年の東京箱根間往復

名将が緊急提言だ。第96回東京箱根間往復大学駅伝(2、3日)で、青山学院大が10時間45分23秒の大会新記録で2年ぶり5度目の総合優勝を果たした。

原監督は右手を広げて「5度目の優勝」をアピールした 名将が緊急提言だ。第96回東京箱根間往復大学駅伝(2、3日)で、青山学院大が10時間45分23

改革なくして進化なし-。箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は5日、 都内の日本記者クラブで会見。旧態依然の陸上界をぶった切り、改革の必要性を訴えた。 箱根駅伝の全国化、実業団の移籍自由化など具体案を提示。

東京五輪に向けた新企画「スポトピ2020」に3日連続で登場する、青学大陸上部長距離ブロックの原晋監督(52)の2回目。昨年の東京箱根間往復

このツイート&原晋監督の記事を読んで思いました。 数年後には箱根駅伝全国化する! 箱根駅伝は全国化する 「箱根駅伝が全国化するだろう」と私が推測する理由は 人気&注目度が高いから 良いものは拡がり大きくなります。

原監督 全国化はふるさと創生にもなる。指導者の雇用も増える。 続けて主催の関東学生陸上競技連盟の議論が遅いことも批判した。 原監督 旧態依然の組織に発展はない。箱根がどうあるべきか、議論を進め

◆箱根駅伝全国大会について

今年1月の箱根駅伝で4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)が、東京都千代田区の日本記者クラブで会見を行い、日本陸上界の改革の必要性を

かねてからの持論である箱根駅伝の全国化や、発着地点を新国立競技場とすることなど改革案を披瀝(ひれき)した原監督の関心分野は、教育や

青学大陸上部の原晋監督(48)が4日、伝統の箱根駅伝の改革私案を披露した。連覇から一夜明けた4日、都内で日刊スポーツの取材に応えた。(1

箱根駅伝(1月2、3日)で史上6校目の4連覇を果たした青学大の原晋監督(50)が5日、東京・千代田区内幸町の日本記者クラブで会見を行い、箱根駅伝の全国化、実業団選手の移籍の活発化などを訴えた。

2018年2月、青山学院大陸上競技部監督の原晋氏は日本記者クラブの会見で、箱根駅伝は「公共の文化財」であると語り、大会の全国化に全面的に賛成する考えを示した。 箱根駅伝4連覇中の大学の指導者である。その影響は大きい。

Jan 09, 2018 · 箱根駅伝が全国化する事に賛成ですか?僕は全国化しなくていいので、関東ローカル大会を全国放送するのをやめて欲しいです。仮に全国化しても、大して変わらないと思います。西日本って あんまり陸上に熱心じゃないし

Read: 620

原監督が周囲から批判を浴びても、精力的に活動し続けるのは「陸上界を発展させたい」という目標があるからだ。地方大学が参加することで地方の活性化につながるとして、かねて「箱根駅伝の全国化」

「箱根駅伝の全国化に賛成」 原晋・青学大陸上部監督 2018/1/8 19:40 情報元 日本経済新聞 電子版

第96回箱根駅伝(来年1月2、3日)で2大会ぶりの優勝を狙う青学大の原晋監督(52)が10日、出場各校の監督による会見で

私は青山学院大学の原晋監督の提唱する箱根駅伝の全国化に賛成です。地方の大学に門戸を開いてチャンスを与えれば有力な選手が散らばりますし東京一極集中を是正するきっかけにもなります。皆さんはどう思います? そ

Read: 66

箱根駅伝で4連覇を達成した青山学院大陸上部の原晋監督は、スポーツを産業化し陸上競技への注目を高めてより活性化させるとの観点から、箱根

箱根ランナーの原石はそもそも地方にいる

「箱根駅伝の全国化は必要不可欠」-。正月の箱根駅伝で3連覇を達成した青山学院大の原晋監督が1月末、出席した自民党の会合で箱根の出場校

東京五輪に向けた新企画「スポトピ2020」に3日連続で登場する、青学大陸上部長距離ブロックの原晋監督(52)の2回目。昨年の東京箱根間往復大学駅伝競走では、史上6校目の4連覇に導いた。正月の風物詩と

青学大監督 箱根の全国化訴える 箱根駅伝、青学大の区間配置の妙。原監督が選手起用の極意を詳細に明かす 箱根は関東だけでいいだろ。全国代表の駅伝は他にもあるんだから。

引用元:デイリー東京五輪に向けた新企画「スポトピ2020」に3日連続で登場する、青学大陸上部長距離ブロックの原晋監督(52)の2回目。昨年の東京箱根間往復大学駅伝競走では、史上6校目の4連覇に導いた。正月の風物詩として定着している一大イベン

箱根駅伝の門戸を開放して全国化すべし、ですね。この考えは変わっていません。 ――箱根駅伝の主催者は関東学生陸上競技連盟。視聴率が30

私は青山学院大学の原晋監督の提唱する箱根駅伝の全国化に賛成です。地方の大学に門戸を開いてチャンスを与えれば有力な選手が散らばりますし東京一極集中を是正するきっかけにもなります。皆さんはどう思います? そ

第96回箱根駅伝(来年1月2、3日)で2大会ぶりの優勝を狙う青学大の原晋監督(52)が10日、出場各校の監督による会見で

箱根駅伝はローカル大会 タイトルの通り、箱根駅伝の全国化について考えてみたいと思います。 既に報道されている通り、2024年の第100回記念大会において、箱根駅伝の全国化が検討されています。 日本人にとってオリンピックの次ぐらいにメジャーな長距離走競技となった箱根駅伝ですが

箱根駅伝公式Webサイト:定期の記事の予定を変更してこちらの記事を更新します。今朝の日刊スポーツに、『関東学連が第100回記念大会より、箱根駅伝の全国化を検討へ』と記事が出ていましたね。

見出しにもなっている青山学院大・原監督の提言には基本的に異論はありません。まあそれで満足もできませんが。現状、大学陸上界の一大イベントとなった「箱根駅伝」を、ローカル団体である関東学連が主催しているが故に、出場校が関東地方の大学に限定され、それをダシに日本全国の

箱根駅伝が全国化されるという報道がありました。箱根といえば駅伝、駅伝といえば箱根というくらい、あまりにもメジャーすぎる駅伝大会。全国化されるのはいつ? 出場大学の決め方はどうなる? 出場大学は何校になる? 現在の出場校は? 関西勢の出場は可能か?を探っていきます。

通称:箱根駅伝で2015年から2年連続総合優勝(2016年は完全優勝)を飾り、圧倒的な強さで脚光を浴びている青山学院大学陸上競技部。その育ての親の監督、原晋さんのインタビューをご紹介します。

青山学院原監督「箱根は全国大会にすべき」 [無断転載禁止]©2ch.net おしゃべり日和「原晋監督 箱根駅伝 勝利のメソッドと秘密の私生活」 自己中な原が地方大学出身だから提唱してるだけの話で現実的には全国化なんて絶対にあり得ない。

青学大“やっぱり大作戦”で覇権奪回なるか!? 原監督が抱く箱根駅伝「全国化」の野望 巨大権益手放さない“守旧派

この時チームを率いたのが、青山学院大学の原晋監督だった。そこで、毎年箱根駅伝を楽しみにしている1人として、混成チームのあり方や今後の駅伝のあり方、三連覇を成し遂げた後の目標などを伺った。

「箱根駅伝の全国開放」提言 陸上界停滞脱出の一歩に 青山学院大陸上競技部監督・原晋氏が語る(下)

東京箱根間往復大学駅伝(1月)で4連覇を果たした青学大の原晋監督(50)が5日、東京・千代田区の日本記者クラブで会見し、陸上界の改革案を

今後は駅伝がアジア、世界大会に発展する可能性もあり、箱根の全国化は検討すべきかもしれない。 青山学院大学を4連覇に導いた原晋監督が常に考えていることは「陸上大会を盛り上げるには」ということ。

箱根駅伝が全国化すると全国の大学が出場できるの?賛成派と反対派. もし、箱根駅伝が全国化すれば全国に名を聞かせた大学が出場権利を得ることが出来、 全ての大学に「大学駅伝3冠」の称号を手に入れる権利が得られますね♪

青山学院大学駅伝部は2020年の箱根駅伝で優勝を逃すだろうというのが定説になっている 原晋監督は直撃に対し「箱根駅伝優勝に向けて順調と言わせていただきます」と語った 「日本陸上競技連盟を解体し、リスタートしなければならない」と日本の陸上界にも言及

大学陸上の強豪・駒澤大学に内紛が勃発。他の名門大でも醜聞が相次ぎ、新春の国民的イベントとなった箱根駅伝に暗雲が漂っている。 毎年お

「箱根駅伝の全国化を」に関して、ジャーナリストの江川紹子さんが原晋監督に行ったインタビューが興味深い。このインタビューを読むと、箱根駅伝を運営する偉い方達の考え方が大きな問題だということが分かります。

東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)で3連覇を達成した青山学院大の原晋監督が31日に行われた自民党の「スポーツの産業化促進議員連盟」の

原監督が周囲から批判を浴びても、精力的に活動し続けるのは「陸上界を発展させたい」という目標があるからだ。地方大学が参加することで地方の活性化につながるとして、かねて「箱根駅伝の全国化」

今年の箱根駅伝で、見事4連覇を飾った青山学院大学を率いるのが、名将・原晋監督。最近では、本を出版したり、バラエティ番組はもとよりドラマにまで出演したりと、今やすっかり有名人だが、箱根駅伝の在り方に関する発言が波紋を呼んでいる。

原監督が周囲から批判を浴びても、精力的に活動し続けるのは「陸上界を発展させたい」という目標があるからだ。地方大学が参加することで地方の活性化につながるとして、かねて「箱根駅伝の全国化」

全国男子駅伝2020(都道府県対抗駅伝)/大学関係者別結果!OB・新入生合わせて! に デルピッポ より 【箱根駅伝2021は青学大1強!?】箱根駅伝2020の結果から、来年を展望・予想してみた に 鉄紺復活 より; 全国男子駅伝2020(都道府県対抗駅伝)/大学関係者別

引用元:スポーツ報知 第96回箱根駅伝(来年1月2、3日)の発表会見が10日、都内で行われ、青学大の原晋監督(52)は持論としている「全国化」を改めて訴えた。 1920年に第1回大会が行われた箱根駅伝。2020年に行われる第96回大会で記念すべき100周年を迎える(戦争のため5回中止)。2024年に

「箱根駅伝の全国化は必要不可欠」-。正月の箱根駅伝で3連覇を達成した青山学院大の原晋監督が1月末、出席した自民党の会合で箱根の出場校が関東エリアの大学に限られて

Feb 05, 2018 · 箱根駅伝4連覇を達成した青学大の原晋監督(50)は5日、都内の日本記者クラブで会見。箱根駅伝の全国化、実業団の移籍自由化など具体案を提示し