国土交通省 下水道 温室効果ガス – 下水道における 水素製造・利用の取組

[PDF]

出典:国土交通省調査 下水道施設における温室効果ガスの排出実態 下水道は処理過程において多くの温室効果ガスを排出しており、日本全体のghg排出量の約0.5%に相当。 下水道からの温室効果ガス排出量は、下水道の普及に伴い1990年から2013年の間に約40

[PDF]

1.下水道施設からの温室効果ガス排出量 2004年度の下水道施設からの温室効果ガス排出量は二酸化炭素換算で約700万t-co 2(全国の温室効果ガス排出量の約0.5%を占める) 温室効果ガス排出量の内訳を見ると、エネルギー起源co 2が約62%を占めるほか、下

[PDF]

~ 下水道部門における温室効果ガス排出抑制等指針の解説 ~ 平成28 年3月 〝 重村 浩之 国土交通省国土技術政策総合研究所 下水道研究部下水処理研究

[PDF]

国土交通省水管理・国土保全局下水道部は、さらなる低炭素社会実現に貢献する下水 道事業を目指し、地方公共団体や民間企業が下水汚泥エネルギー化技術の導入検討の際 に必要となる知見や情報を「下水汚泥エネルギー化技術ガイドライン(案)」として平

[PDF]

出典:国土交通省調査 下水道施設からの温室効果ガス排出量の推移 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000 0 200 400 600 800

[PDF]

ソリン車が排出する温室効果ガス排出量と比べ約29%削減)と試算されました。 国土技術政策総合研究所 下水道研究部 下水処理研究室 山下・太田・松本 国土交通記者会 2. 国土交通省建設専門紙記者会 3. 国土交通省交通運輸記者会 4. 筑波研究学園都市

[PDF]

(3) 上水道部門における温室効果ガス(co2)排出量の実態 2012 年度(平成24 年度)における上水道事業及び水道用水供給事業による電力や燃料の使用 に伴うco2 排出は424 万tco2 であり、全国のco2 排出量(12 億7,600 万tco2)に占める割合 は0.33%となっている。

国土交通省国土技術政策総合研究所は、下水バイオガスから水素を製造する技術の導入ガイドライン(案)を策定したと発表した。 国総研、下水バイオガスによる水素製造技術のガイドラインを公表|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

jfeエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)、日本下水道事業団(理事長:辻原俊博、本社:東京都文京区)、および川崎市の3者からなる共同研究体は、国土交通省の「平成29年度下水道革新的技術実証事業(b-dashプロジェクト)」に「温室効果ガス削減を考慮した

[PDF]

d 下水道分野におけるその他の温室効果ガス排出削 減対策についての調査検討 調査検討にあたっては,自治体へのアンケートによ る既存焼却炉および新規焼却炉計画の聴取調査も実施 した。 3.1 温室効果ガス

平成20年7月31日 国土交通省下水道部では、現行の「下水道における地球温暖化防止実行計画策定の手引き」を改訂するとともに、京都議定書約束期間終了後における下水道分野の地球温暖化防止対策に関する取り組みの方向性を議論するため、本年6月25日に「下水道における地球温暖化防止対策

(※4)カーボンポジティブ:温室効果ガスの排出される量よりも吸収される量のほうが多いことを指します。 (※5)国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部 下水道企画課「下水道における水素製造・利用

[PDF]

下水道からの温室効果ガス排出量の推移 出典:国土交通省調査 下水道からの温室効果ガス排出量の割合 出典:国土交通省調査 電力(処理場) 51% 電力(ポンプ場) 水処理(ch4) 4% 水処理(n2o) 10% 汚泥焼却(n2o) 23% その他 0% 燃料 6% 合計 約700万t-co2 (2006

国土交通省近畿地方整備局は、近畿地方における河川や道路、港湾空港、公園、官庁施設の管轄を行っています。ホームページでは各種申請手続きや現場見学のご案内、各分野の事業の取り組みについて紹介しています。

東京都は、下水道事業における平成21(2009)年度の温室効果ガス排出量について、平成2(1990)年度比で16%(16.2万トン-co2)削減し、85.6万トン-co2になったと発表した。これは、主に以下の取組によるものという。

国土交通省の「平成28年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に係る技術実証研究の開始について ~「自己熱再生型ヒートポンプ式高効率下水汚泥乾燥技術」の実証~

国土交通省では、新技術の研究開発及び実用化を加速することにより、下水道事業におけるコスト縮減や再生可能エネルギー創出を実現し、併せて、本邦企業による水ビジネスの海外展開を支援するため、下水道革新的技術実証事業(b-dashプロジェクト)を実施することとしました。

[PDF]

(国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部) 公益財団法人 日本下水道新技術機構 1 消化ガス発電の現状と展望 2 ケーススタディ 消化ガス発電普及のための導入マニュアル策定 に関する共同研究

温室効果ガス排出量(co 2 換算)の内訳は高い順に処理場における電力消費に伴うco 2 排 出量が53%、汚泥焼却に伴うn 2o 排出量が20%となっています。(図-1) 図-1 下水道事業における年間の温室効果ガス排出量の内訳(co 2 換算) 出典:国土交通省

国土交通省では、次のような下水道事業に関する支援を行っています。 •下水道浸水被害軽減総合事業 •下水道総合地震対策事業 •合流式下水道緊急改善事業 •汚水処理施設共同整備事業(mics) •下水道事業未普及解消クイックプロジェクト

図-2 下水道からの温室効果ガス排出量の推移(国土交通省調査) 下水道事業に求められる温室効果ガス排出量削減対策については、平成17年2月の京都議定書発効を受け、地球温暖化対策の推進に関する法律第8条に基づき策定される「京都議定書目標達成

国土交通省では、下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト ※)において、これらの課題を解決するため、平成28年度より、国土技術政策総合研究所からの委託により、中小規模処理場を対象とした下水汚泥の有効利用技術として「自己熱再生型ヒート

[PDF]

下水道関連革新技術の導入に向けたガイドライン(案)等が続々 ~国交省「b-dashプロジェクト」など~ (参考)下水道革新的技術実証事業(b-dashプロジェクト)の概要 ※プロジェクトの詳細は国土交通省hpをご覧ください。⇒b-dashプロジェクト

地球環境・気候 お知らせ/トピックス. 2019年11月25日 wmo温室効果ガス年報 第15号の和訳を公開しました。 2019年 7月 1日 「気候変動監視レポート2018」を公開しました。 2019年 3月29日 大雨や猛暑日など(極端現象)の長期変化の更新及び一部拡充を行いました。

環境省、国土交通省、農林水産省の合同で、平成28年度末時点における全国の汚水処理人口普及状況を調査した結果、汚水処理人口普及率は90.4%となりました。 国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部 温室効果ガスデータベース

[PDF]

下水道における 水素製造・利用の取組 国土交通省水管理・国土保全局 下水道部下水道企 課水道企画課 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

[PDF]

国土交通省の「平成28年度下水道革新的技術実証事業(B-DA SHプロジェクト)」に係る技術実証研究の開始について 秦野市と、株式会社大川原製作所及び関西電力株式会社の3者からなる共同

[PDF]

今回、国土交通省との協議における指示事項に対する資料作成内容の変暬について改訂を行 いました。 曓イ゜チメ゜ルが活用され、ケヘヴゲな事業進捗の一助となり、大幅な行政カケダの削減と 合わせて温室効果イケ削減に寄与できれば幸いです。

国際海運からの温室効果ガス排出ゼロに向けて [keywords]国際海事機関(imo)/温暖化対策/海事産業 国土交通省海事局船舶産業課長、国際海事機関(imo)海洋環境保護委員会(mepc)議長 斎藤英明

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

国土交通省 関東地方整備局 建政部のページです。地域全体のブロック計画、個別の都市計画やその補助事業に関する事務、建築物に関する資格者及び機関の指導監督、都市行政、住宅・宅地行政、建設産業行政、建築行政などの業務及び国営公園に関する全体計画など。

[PDF]

合を示す。下水道からの温室効果ガス排出量は 1990年から2004年までの間に約54 %増加してい ることを考え併せると、 下水道分野における温室 効果ガス排出の抑制は喫緊の課題と位置付けられ る。 本稿では下水道における地球温暖化対策の制度

下水エネルギー化率は約15% 下水道事業に伴う温室効果ガス排出量は、2013年度で約632万t-CO2と地方公共団体の事業活動の中でも大きな割合を占め

[PDF]

域下水道本部で取り組んでいる焼却炉の計画的管理と、それによる温室効果ガス削減効果 について報告するものである。 2. 焼却炉の概要と温室効果ガスの排出状況 流域. 下水道本部. には、東京都の多摩地区に7 つの水再生センターがあり、平成25 年度

国際海運からの温室効果ガス排出ゼロに向けて [keywords]国際海事機関(imo)/温暖化対策/海事産業 国土交通省海事局船舶産業課長、国際海事機関(imo)海洋環境保護委員会(mepc)議長 斎藤英明

[PDF]

2.下水道による温室効果ガス排出の現状 京都府の温室効果ガスの排出量のうち、流域下水道は約3割 を占めており、流域下水道による温室効果ガスの排出抑制が 求められている。 5 京都府における温室効果ガスの排出量と下水道の割合

平成27年度をもって第1次計画期間が終了したため、第2次「毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合地球温暖化対策実行計画」を策定し、引き続き温室効果ガスの削減等に向けての取組を推進していきます。

~温室効果ガス大幅削減と高効率発電を両立する革新的技術~ なお、この実証研究は、国土交通省の「B-DASH ※2 国土交通省が実施する下水道革新的技術実証事業(Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Project)

交通事故の削減、地域公共交通の活性化、国際競争力の強化などの自動車及び道路を巡る諸課題に解決に大きな効果が期待. される自動運転について、国土交通省として的確に対応するため、平成. 28年12月、自動運転戦略本部を省内に設置(本部長:国土

jfeエンジニアリング、下水道革新的技術実証事業に「温室効果ガス削減を考慮した発電型汚泥焼却技術」が採択

[PDF]

同で提案し、国土交通省の下水道革新的技術実証事業(b-dash プロジェクト)に採択さ れた「無曝気循環式水処理技術」(平成26 年度採択)や「dhs システムを用いた水量変 動追従型水処理技術」(平成28 年度採択)が挙げられます。

今後、新たな民間提案を広く募り、より効果的な事業に繋がるよう調査を進めていきます。 受賞歴. 平成24年9年 国土交通大臣賞「循環のみち下水道賞」受賞 平成25年7月 日本水大賞「未来開拓賞」受賞

国土交通省は、省エネ・省CO2化に向けて、未利用エネルギーである下水熱の地域冷暖房や建物空調・給湯、融雪等への利用を促進するため、「下水熱利用アドバイザー」の派遣対象団体の募集期間を延長しておりましたが、合計5団体への派遣を決定し、募集を終了します。

[PDF]

守るため、サービス水準の維持に努めながら省エネルギーにも取り組んでいます。 エネルギー消費や温室効果ガス排出を抑制するために、工場の操業など、経済活動を止めるわけ にはいきません。それは、交通分野にとっても同じことです。

国土交通省は下水道分野における温室効果ガス削減対策の推進などをはかるため、「下水道施設省エネ診断解析システム」を開発した。同省は23日、同システムソフトを全国の下水道管理者に配布。

[文部科学省] 下水道関係工事 [国土交通省] 下水道施設計画・設計指針と解説を平成13年度に改定。 [国土交通省] 小規模な処理場において、施設の規模並びに地域特性を踏まえた設備及び施設の標準化を推進。 平成17年度 8件から平成18年度 28件

発表日:2019年8月6日 下水汚泥の新たな処理技術「odyssea(オデッセア)」商品化 ~温室効果ガス大幅削減と高効率発電を両立する革新的技術~ jfe

[PDF]

政策の名称 下水道施設を活用した新エネルギー対策の推進(新世代下水道支援事業制度の拡充) 政策評価の結果 の概要 下水道は、下水や汚泥の処理過程で多くのエネルギーを消費し、温室効果ガスを排出し

[PDF]

【温室効果ガス排出量推計の基本式】 温室効果ガス排出量=「活動量」×「排出係数」 活 動 量 温室効果ガス排出の要因となる電気・燃料消費量、廃棄物の焼 却量等をいう。 排出係数 本計画では、環境省の策定マニュアルに示された排出係数を用い

国土交通省の「平成28年度下水道革新的技術実証事業(B-DASH プロジェクト)」に係る技術実証研究の開始について ~「自己熱再生型ヒートポンプ式高効率下水汚泥乾燥技術」の実証~ 平成28年7月15日 株式会社大川原製作所 関西電力株式会社 神奈川県秦野市

[PDF]

下水道研究部下水処理研究室 B-DASH Project No.14 Guideline for introducing a technology with ICT for efficient nitrification control Wastewater and Sludge Management Division Water Quality Control Departmen t 国土交通省 国土技術政策総合研究所 ISSN 1346-7328 国総研資料 第938号 平 成 28 年 12月

[PDF]

– 78 -トピックス 交通部門における温室効果ガス 排出削減戦略ワークショップ OECD・ITF国際共同研究報告- 環境研究部 道路環境研究室 主任研究官曽根 真理 研究官下田 潤一 室長並河 良治 地球全体の温室効果ガス排出量の約23%は交

[PDF]

このため,国土交通省下水道部では,優れた革新的技術の実証,普及により下水道事業におけ るコスト縮減や再生可能エネルギー等の創出を実現し,併せて,本邦企業による水ビジネスの海 外展開を支援するため,「下水道革新的技術実証事業(

国土交通省では、新技術の研究開発および実用化を加速することにより、下水道事業におけるコスト縮減や再生エネルギー創出を実現するため、平成23年度から「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト:Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Project)」を実施している。

- 温室効果ガス削減に寄与する発電型汚泥焼却技術 - 理事長:辻原俊博、本社:東京都文京区)、および川崎市の3者からなる共同研究体は、国土交通省の「平成29年度下水道革新的技術実証事業(b-dashプロジェクト)」に「温室効果ガス削減を考慮した

[PDF]

資料2 温室効果ガス排出量の算定方法(現況推計) 1 二酸化炭素 (CO2) 「都道府県別エネルギー消費統計」(経済産業省資源エネルギー庁)ほか統計資料を活用 し、「地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編)策定マニュアル」の算定方法を

下水道事業は、事業活動に伴う温室効果ガス排出量は,年間で約 632 万 t-CO2(平成 25 年度)と,地方公共団体の事業活動に伴う温室効果ガス排出量の中でも大きな割合を占めている一方で、下水汚泥や下水熱といったカーボンニュートラルなエネルギー資源

[PDF]

事業方式 国土交通省下水道革新的技術実証事業 事業費(建設):約10億円 事業開始 実証試験開始:平成24年1月(実証試験H23~H24年度) 下水汚泥以外の受け入れバイオマス(計画値) ①グリーンバイオマス(木質):4t/日 ②スイーツ系バイオマス:11t/日

下水道局では、事務事業活動から発生する温室効果ガス排出量を、2000年度比で2020年度までに25%以上、2030年度までに30%以上削減する、新たな地球温暖化防止計画「アースプラン2017」を策定しましたので、お知らせします。

[PDF]

ギーと省エネルギーの割合 下水道事業からの温室効果ガス排出量の削減 率※1 単位 27年度末 % 9 20以上 % 25 25以上※2 5か年の主な事業効果 32年度末 16 25以上※2 中長期の 目標値 ・重力を利用 ・電気使用量が少ない ・遠心力を利用 ・電気使用量が多い 86 87