社人研 人口推計 – 人口の将来推計

国立社会保障・人口問題研究所は「日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)」をまとめました。この推計は、将来の人口を都道府県別・市区町村別に求めることを目的としたものです。

日本の世帯数将来推計(全国) 日本の世帯数将来推計(都道府県) 過去に発表された将来推計人口・世帯数の結果. 将来推計人口・世帯数アーカイブス ※世界の推計人口については、下のリンク集より国連推計をご覧ください。

クリックして英語サイトへ · 将来推計人口・世帯数アーカイブス · 更新履歴 · 調達情報 · 刊行物

国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を

社人研中位推計では、出生率が2014年までに概ね1.39で推移し、その後2024年までに1.33に低下し、その後1.35で推移すると仮定した場合に、2060年には人口が約8,700万人(高齢化率39.9%)と現在の3分の2の規模まで減少すると推計されている。

[PDF]

8.社人研推計に準拠した総人口の推計 2015(平成27)年の80,401人をピークに減少に転じ、2060(平成72)年には54,000 人程度に減少すると推計している しかし、人口はすでに8万人を割り込んでおり、社人研の推計以上に人口減少は進行してい る。

[PDF]

4 推計方法 地区別の将来人口の推計に当たっては、平成27(2015)年の国勢調査結果の人 口を基準人口とし、国立社会保障・人口問題研究所(以下「社人研」という。)の 推計方法と同様に、コーホート要因法を用いて実施します。

第2に、社人研の13年推計値と18年推計値との間に不連続な差があること。 2040年の予測人口は、2013年推計の840万人に対し、2018年推計では976万人で

[PDF]

推計条件 現状推計 社人研 日本創成会議 基準人口 2013年10月1日現在 (鳥取県年齢別推計人口) 2010年10月1日現在 (2010年国勢調査人口) 合計特殊 出生率 1.62(2013年値)が今後も 続く 2010年:1.57→2025年:1.48(その後は一定) 移動率 2008~2013年の社会移動

将来推計人口. 静岡県及び県内市 町の将来推計人口. 要旨. 本県を取り巻く社会環境の変化を適切に把握し、今後の施策立案に資することを目的に、平成25年3月に国立社会保障・人口問題研究所(以下、「社人研

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6F アクセスマップ 電話:(03)3595-2984 / Fax:(03)3591-4816

[PDF]

推計の基準となる 人口、(2)将来の子ども女性比、(3)将来の0~4 歳性比、(4)将来の生残率、 (5)将来の純移動率、が必要となる。なお、社人研の「日本の地域別将来 推計人口(平成25年3月推計)」において、出生に関する仮定として子ど

[PDF]

出生性比については、社人研(h25.3)の設定と同様に、女子100に対して男子105.4と し、推計期間中この比率を一定とした。 なお、推計に当たっては、社人研が作成した「日本の都道府県別将来推計人口(平

[PDF]

昭和60年以後は増減を繰り返しながら、横ばいで推移しています。社人研の推計値によると、 今後は、平成27年をピークに減少に転じる見込みです。 高齢者人口(65歳以上)は一貫して増加し続けており、社人研推計値によると、今後も

[PDF]

国超過数の2001年、2002年の実績値については「 人口推計資料」( 総務省) による。 社人研の人口推計における国際人口移動については、日本人と外国人とに分けて仮定されている。

[PDF]

なお、推計に当たっては、社人研が作成した「日本の都道府県別将来推計人口(平成19年5 月推計)」、「日本の市区町村別将来推計人口(平成20年12月推計)」及び「日本の地域別将 来推計人口(平成25年3月推計)」並びに地方公共団体が作成した「広島県

[PDF]

・国立社会保障・人口問題研究所(以下「社人研」と言う。)の推計では、減少傾向は歯止めがき かず、30 年後の2040(平成52)年には3,592 人まで減少し、2010(平成22)年に比べて半数 以下になることが示されています。

[PDF]

出生率の上昇や転入増加に寄与する政策の誘導を通じて、社人研推計人口より 2040年に9,504人、2060年に19,079人の人口増加を生み出し、人口減少の抑制・克服をめざし ます。 【図表1 目標人口と推計人口の比較】 政策誘導(出生率・社会動態)による上乗せ人口

[PDF]

国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口」に基づき内閣官房まち・ひ と・しごと創生本部事務局作成(2010~2040 年、2010~2060 年) – パターン1: 全国の移動率が今後一定程度縮小すると仮定した推計(社人研推計準拠) – パターン2:

[PDF]

2020年以降 内閣府提供資料(国立社会保障・人口問題研究所(以下「社人研」という。)「日本の地域別将来人口推計」) 人口の推移と将来推計 2010(平成22)年人口ピラミッド 2040(平成52)年人口ピ

[PDF]

・2015年以降 社人研「日本の将来推計人口」 ・2045年以降 社人研に準拠し関西広域連合で試算 (自然増減・社会増減については、2040年の社人研推計値をそのまま延伸) (単位:万人) 資料2-2

[PDF]

【参考2】社人研推計と常住人口の比較 本県の人口は,社人研が2007年に公表した人口推計を大きく上回って 推移してきたが,震災以降は,同機関が2013年に公表した人口推計を下 回って推移している。 (単位:千人) 年 社人研推計 2007年推計 社人研推計

[PDF]

年国勢調査結果及び2013年公表の社人研の将来推計人口であった。そのため、多くの市町 村では、人口ビジョンに2015年国勢調査結果及び2018年公表の社人研の将来推計人口が 反映されておらず、ビジョンの 見直しが必要な時期を迎えている。

[PDF]

社人研推計に準拠した試算(2015年~2060年:和歌山市) ②年齢区分別人口の推移、推計 年齢3区分別人口を見ると、年少人口は1980年の93,982人から、2010年の 46,913人へと、30年間で半減しています。2000年には老齢人口を下回り、2015

[PDF]

国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の推計によると、2015 年(平成27 年)に本市の人口は6 万人を下回り、さらに2040 年(平成52 年)には5 万人 を下回るとされています。2010 年(平成22 年)から2025 年(平成37 年)ま

[PDF]

での将来推計人口の推移について、年少人口(0~14歳)、生産年齢人口(15~64 歳)、老年人口(65歳以上)の3区分で見たのが次のグラフです。 【図 Ⅱ-2】 200,000 ※2010年までの3区分人口は国勢調査より作成 ※2015年以降の総人口は社人研推計値より作成

[PDF]

1.将来推計人口の推計方法 全国および都道府県、市区町村の将来推計人口は、5年毎の国勢調査の公表後、国立社会保障・人 口問題研究所(以下、社人研)によって推計、公表されている(2015年国勢調査結果に基づく全国の

[PDF]

独自の人口推計を行うものである。 社人研による前回推計では、市町村単位の推計結果を積み上げたものを県全体の人口として いる。自治体単位での2015年の推計値と実績値を比較し、実績値が上回った主な自治体を 表示すると、次ページの表のようになる。

[PDF]

人口推計によると、2040(平成52)年の総人口は、社人研推計準拠が44,629人、日本創成会 議推計準拠が42,090人となっており、2,539人の差が生じています。 本市の社会動態は転出超過の傾向があるため、移動総数が社人研の推計値と比べ縮小せず

[PDF]

(2)将来人口推計 2010年(平成22年)を基準とした、国立社会保障・人口問題研究所(以下「社人研」 という。)推計(パターン1)と日本創成会議推計(パターン2)による2パターンの 将来人口を推計

[PDF]

1.人口・世帯数の推計について:都道府県別の人口推計(概要) 自然増減に関しては社人研の出生中位(死亡中位)の前提(出生率生残率等)を用いているまた社会増減に自然増減に関しては、社人研の出生中位(死亡中位)の前提(出生率、生残率等)を用いている。

[PDF]

1.人口・世帯数の推計について 社人研の公表していない2050年までの 都道府県別・市区町村別の性・年齢階級別の人口、 都道府県別・市区町村別の家族類型別の世帯数を独自に推計する。 いずれも全国の人口・世帯数は、社人研の推計結果に一致させる。

[PDF]

道府県の推計結果は同じ都道府県内の市区町村の将来推計人口の合計に一致し、全ての都道府 県の合計は社人研が2012年1月(平成24年1月)に公表した「日本の将来推計人口」の中位 推計(以下、社人研全国推計)に一致するように男女年齢別に調整されて

[PDF]

– 2-(将来人口推計)※仮の出生率,移動率による分析のためのシミュレーション等 2040年時点で,社人研推計242万人,日本創成会議推計237万人。 出生率が2030年に2.1に上昇(※)すると仮定したシミュレーションでは,2040 年時点で259万人(社人研推計+17万人)。

[PDF]

人口分析資料 裾野市の将来人口推計(社人研推計準拠、h32までに合計特殊出生率2.07達成) 30.0% 30.7% 33.6% 15% 20%

[PDF]

社人研「日本の将来推計人口 (平成 24 年1月推計)」(出生中位(死亡中位))によると、 2060 年 (平成 72 年)の総人口は約 8,700 万人まで減少すると見通されています。

[PDF]

組替後人口)と社人研推計準拠における年少人口(0~14歳)、生産年齢人口(15~64歳)、 老年人口(65歳以上)の年齢3区分別人口の推移を示したものです。 また、図1-3は、その割合を示したものです。

[PDF]

人口推計によると、2040(平成52)年の総人口は、社人研推計準拠が44,629人、日本創成会 議推計準拠が42,090人となっており、2,539人の差が生じています。 本市の社会動態は転出超過の傾向があるため、移動総数が社人研の推計値と比べ縮小せず

[PDF]

≪総人口の推移≫ ≪2060年の人口構成≫ 2010年 社人研推計 シミュレーションA ①③社人研 ②鳥取県推計準拠 ①社人研 ②市仮定値 ③鳥取県推計準拠 ①社人研 ②③鳥取県推計準拠 10,000 5,000 0 5,000 10,000 0~4歳 10~14歳 20~24歳 30~34歳 40~44歳 50~54歳 60~64歳 70

総務省統計局で作成している人口推計について掲載しています。人口推計では、国勢調査による人口を基に、その後における各月の人口の動きを他の人口関連資料から得て、毎月1日現在の人口を算出してい

[PDF]

(2)将来人口推計 2010年(平成22年)を基準とした、国立社会保障・人口問題研究所(以下「社人研」 という。)推計(パターン1)と日本創成会議推計(パターン2)による2パターンの 将来人口を推計

[PDF]

阪南市人口ビジョン(平成27年10月)では、社人研の推計手法に準拠した人口推計のベー スとなる「パターン1」を次のように示しており、約20年後となる2040年では、2015年の約 78%まで人口が減少すると推計しています。

1 我が国の人口動向及び人口推計 (1)将来推計人口の動向 (我が国の人口動向) 我が国の総人口は、戦後の第1次ベビーブーム(1947~1949年)や第2次ベビーブーム(1971~1974年)等を経て、一貫して人口増加傾向であったが、人口のピークである2008年に1億2,808万人に達した以降は、減少傾向に

[PDF]

【推計】 生産年齢人口と年少人口が減少する一方で、高齢者人口は増加し続け、2040年に は2010年に比べ1.48倍となり、引き続き高齢化が進むことが見込まれます。 なお、社人研の人口推計では、高齢者人口の割合が40%以上を占める市区町村は、

[PDF]

小・中学生人口の将来予測 小学生人口(人) 中学生人口(人) 社人研推計に基づく予測 島根県中山間地域研究センターが作 成し、事業構想大学院大学小塩准教 授が改良を加えた人口予測プログラ ムにより作成 – 8-

[PDF]

4 富士吉田市の人口の将来推計と分析 (1)人口推計の比較 国立社会保障・人口問題研究所(社人研)と日本創成会議(創成会議)による本市の人口推 計を比較してみると、平成52(2040)年の総人口は、社人研の推計(パターン1)が35,765人、

人口ビジョンの経緯と現状 ・第1期和歌山市人口ビジョンで、2010年国勢調査を基に作成された国立社会保障・人口問題研究所(以下「社人研」という。)による地域別将来人口推計( 2013年発表)を活用し、本市の目指すべき人口展望を示しました。

[PDF]

3.社人研中位推計ケースは、国立社会保障・人口問題研究所(社人研)が推計した2060年の性・年齢別人口に労働力率を乗じたもの。 出生率回復ケースは、2030年に合計特殊出生率が2.07まで上昇し、それ以降同水準が維持され、生残率は2013年以降社人研中位

[PDF]

美作市の人口は、2005 年(平成17 年)3 月31 日に6 町村が合併して市制が施行されて 以後、減少し続けている。グラフ1は国勢調査の結果をもとに、国立社会保障・人口問 題研究所(社人研)が推計する2005 年以降5 年毎の美作市の人口である。

国立社会保障・人口問題研究所(以下、社人研)が2017年4月10日に平成29年推計を発表しました。基本的な分析結果としては、「平成24年(2012年)推計と比較すると人口減少の速度や高齢化の進行度合は緩和」されているというものでした。

社会増減は、社人研推計の人口移動に加え、平成32(2020)年までに1,000人の社会増。 平成32(2020)年以降は、国立社会保障・人口問題研究所推計の人口移動と同様。

[PDF]

用いたが、今回の推計は、社人研が2013年3月に公表した「日本の地域別将来推計人口(平成25(2013) 年3月推計)」(以下「地域別推計」という。)で用いた「場合わけ純移動率モデル」を用

[PDF]

社人研推計による新潟市将来推計人口(年齢階層別) 新潟市 実績値 年 2015年 2020年 2025年 2030年 2035年 2040年 2045年

[PDF]

4 ② 年齢3 区分別人口の推移と将来推計 ・ 年少人口(0~14 歳)は、昭和55 年(1980 年)の1,004 人から減少傾向にあり、その後の生産年 齢人口(15~64 歳)の減少、さらには次世代の年少人口の減少を招いていると考えられます。

[PDF]

2.高位推計・中位推計・低位推計は、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」をもとに作成。 3.出生率回復ケースは、2012年の男女年齢別人口を基準人口とし、2030年に合計特殊出生率2.07まで上昇し、それ以降同水準が

[PDF]

3.推計結果 (1)社人研の推計による結果 社人研推計で用いられた数値をベースに試算してみると、 2010年から2040年にかけての30年間で、「20~39歳の女性人 口」が5割以上減少する市区町村が373(全体の20.7%)にの ぼった。

[PDF]

社人研の推計によると、2040年には三重県は1965年レベル、全国も1975年レベルの人口に戻る ことになる。 三重県 全国 80 90 100 110 120 130 140 150 160 1950 1955 1960 1965 1970 1975 1980 1985 1990 1995 2000 2005 2010 2015 2020 2025 2030 2035 2040 三重県及び全国の5年ごとの人口及び将来

[PDF]

国勢調査・岡崎推計・社人研2012推計 合 計 1 0 0 % 人口遷移 50歳以上 50歳の線 CT Hasegawa RIFH.Japan 明治 維新 こ れ 僕 た ち の 世 界 だ 団 塊 は 何 の 関 係 も な い 団 塊 は も う 誰 も い な

一方、社人研の推計によると、市人口は20年をピークに大きく減少し、40年に16万人を割り込んで45年に15万2556人、60年には13万5566人まで落ち込む。

[PDF]

な人口流出により、1972年まで減少し続けましたが、次第に人口流出は収まり、 1973 年からはいったん増加に転じたものの、1998 年を境に再度、減少傾向に なっています。 社人研の「日本の地域別将来推計人口」(以下「社人研推計」という。)では、

[PDF]

資料:総務省「人口推計」、 10 35 1,350 501 861 320 0 200 400 600 800 1,000 1,200 1,400 t9 14 s5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 h2 7 12 17 22 27 32 37 42 47 52 (千人) 図表2 年齢3区分別人口の推移 生産年齢人口(15~64歳) 年少人口(0~14歳) 老年人口(65歳以上) 社人研推計値 総人口