ヤングライオン杯 1985 船木 – 船木誠勝

ヤングライオン杯争奪リーグ戦(ヤングライオンはいそうだつリーグせん)は、新日本プロレス主催のシングルリーグ戦。 新日本プロレス所属の若手選手を中心とした大会。ヤングライオンは新日本プロレスに所属する若手選手の通称であり新日本プロレスのシンボルマークであるライオンに

1985年3月3日、ヤングライオン杯に出場し北茨城市民体育館で後藤達俊とデビュー戦を行う。ザ・グレート・カブキ(16歳1ヵ月)の記録を塗り替える、当時史上最年少の15歳11か月でデビュー(現在の最年少記録は中嶋勝彦の15歳9か月)。

ニックネーム: 甦ったサムライ

ヤング・ライオン杯争奪リーグ戦(30分1本勝負) 後藤達俊(5分58秒、体固め)船木優治 昭和60年3月4日(月曜日)、福島県原町市/原町市民体育館 ヤング・ライオン杯争奪リーグ戦(30分1本勝負)

ヤングライオン杯争奪リーグ戦とは

このように「ヤングライオン杯」は、未来を託す大会であるが、いまや伝説と言われる、1985年の第1回大会は“苦肉の策”として開かれたもの

今回のヤングライオン杯でも参加8人中、外国人選手が4人となっており、近年の新日本プロレスのグローバルさを嫌がおうにも感じさせるスペックとなっている。 船木誠勝のuwf入りにも、一役?

新日本プロレス 1985年第1回ヤングライオン杯出場選手コメント 船木優治/0点 新日本プロレス「ビッグファイトシリーズ第2弾」第4戦1985年4月2日 埼玉・深谷市民体育館 試合結果

ヤングライオン杯とは新日本の若手を中心にしたリーグ戦で1985年の第1回大会から2005年まで計11回開催されており、過去の優勝者は小杉俊二、山田恵一、蝶野正洋、山本広吉、小島聡、中西学、石澤常光、鈴木健三、田口隆祐、後藤洋央紀、北村克己。

Jun 28, 2008 · 第3回ヤングライオン杯・公式戦 橋本真也 vs 安生洋二【1987年3月11日岡山】 “戦う渡辺徹?”の熱戦が今甦る!! 若き日のアン・ジョー司令長官に

船木誠勝のしごきがイジメ?エピソードまとめ!現在のジム開設!船木誠勝のしごきがヤバい!練習生を溺れさせていたり、セミを食わせていた?現在も現役プロレスラーでトレーニングスタジオで若手育

若手が増えてきたこともあり四年ぶりにヤングライオン杯を開催。 しかし柴田に悪夢が到来する。 2000年4月、ヤングライオン杯公式戦で福田雅一と戦った柴田。 だが柴田のダイビングエルボーに福田が受け身を取れずピクリと動かない。

試合を観戦したい. 下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。

’87ヤング・ライオン杯争奪リーグ戦(20分1本勝負) 野上彰(11分17秒、逆エビ固め)松田納 昭和62年2月28日(土曜日)、東京都文京区/後楽園ホール ’87ヤング・ライオン杯争奪リーグ戦(20分1本勝負)、レフェリー:児玉茂

新日本プロレスのヤングライオン「北村克哉」の最大の魅力は、黒くてデカい筋肉量。 セコンドに付いていても妙に目立っていますが、ヤングライオン杯で優勝するなど、実力も申し分ありません。 しかし

〔 1985 年 9 月 18 日、福岡スポーツセンター〕 ③三銃士が雌雄決す『ヤングライオン杯』決勝!! 橋本真也 vs 蝶野正洋 〔 1987 年 3 月 20 日、後楽園ホール〕 ④若き格闘求道者、異彩放つ骨法マッチ!! 山田恵一 vs 船木優治 〔 1987 年 12 月 27 日、両国国技館〕

ヤングライオン杯星取表 史上初となる 野毛道場 と LA道場 と ファレ道場 合同の、ヤングライオン杯争奪リーグ戦。 全8選手によるリーグ戦の星取表はこちらになります。

【プロレス-今日は何の日】 1985年3.3 北茨城市民体育館 船木優治vs後藤達俊っ! ヤング・ライオン杯にて当時日本プロレス史上最年少の15歳11ヶ月でデビューっ! 組むことが多かった今ツノが生えてる人と骨法を取り入れ『あれ?張り手とはちゃう感じのそれな

ヤングライオン杯争奪リーグ戦(ヤングライオンはいそうだつリーグせん)は、新日本プロレス主催のシングルリーグ戦。 新日本プロレス所属の若手選手を中心とした大会。ヤングライオンは新日本プロレスに所属する若手選手の通称であり新日本プロレスのシンボルマークであるライオンに

Mar 03, 2018 · “【#プロレス今日は何の日】1985年3.3北茨城市民体育館 船木優治vs後藤達俊!ヤング・ライオン杯にて当時史上最年少の15歳

12年ぶりの復活となった、新日本プロレス若手の登竜門大会「ヤングライオン杯」。6人の若手選手が参加し10月から始まった公式戦も、いよいよ12

Jul 13, 2018 · 船木は15歳の時に、新日本プロレスのリングでデビューを果たした。 私は1985年、大学在学中に『週刊ゴング』誌の記者となったが、ちょうどその頃、船木はヤングライオン杯に出場するなどしてホープとして注目されつつあった。 あれから33年が経つ。

ヤングライオン杯とは? 若手の登竜門的な大会に、リーグ戦で行われる「ヤングライオン杯」というものがあります。 1985年に第一回が開催され、そこから若手をさす時のヤングライオンという名前が定着

新日本プロレス・2017年10月12日・ライオンズゲートプロジェクト7・新宿face大会から「山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦」が開幕!川人拓来、岡倫之、北村克哉、海野翔太、八木哲大、成田蓮による総当たりリーグ戦!

ヤングライオン杯争奪リーグ戦 ヤングライオン杯争奪リーグ戦の概要 ナビゲーションに移動検索に移動目次1 概要1.1 歴代優勝者2 ヤングライオン・トーナメント3 カール・ゴッチ杯争奪リーグ戦3.1 歴代優勝者4 他団体における同じ趣旨の大会概要ヤングライオンの登龍門

Jan 26, 2017 · 飛び入り参加で駆け付け三杯!? 私が震え上がった恐ろしいプロレスラー達を解説します(船木誠勝 Andre the Giant vs King Kong Bundy 1985 – Duration

Sep 26, 2017 · 新日本プロレス ヤングライオン杯歴代優勝者 過去を振り返る 関連動画 新日本プロレス NJPW ケニー・オメガ vs. 内藤 哲也 G1クライマックス27 https

多くの名選手を育てた若手の登竜門「ヤングライオン杯」が12年ぶりに復活。6人参加のリーグ戦が開幕した。 第1試合は20歳ながら出場選手で最長

その後、1985年3月に当時最短デビュー記録だった16歳1ヵ月という記録を破り、船木誠勝は15歳11か月でプロレス界にデビューしました。 劇的な最年少デビューを果たした船木誠勝は、新日本プロレス所属の若手選手を中心とした大会であるヤングライオン杯に

Oct 13, 2017 · lion’s gate「lion’s gate project 8」 ★10月12日(木)東京・新宿face(観衆462人=超満員札止め) 新日本プロレスの若手育成プロジェクト「lion’s gate」にてヤングライオン杯が12年ぶりに復活した。 ヤングライオン杯とは新日本の若手を中心にしたリーグ戦で1985年の第1回大会から2005年ま

当時45歳でレスラーとして脂の乗り切った“燃える闘魂”猪木は、将来を期待された“ヤングライオン”船木(当時19歳)の若さあふれるドロップ

1985年4月1日 新日本プロレス ビッグファイトシリーズ第2弾 山梨県石和小松パブリックホール 第1回ヤングライオン杯・公式リーグ戦 武藤敬司(8分02秒 ムーンサルト・プレス→体固め)船木誠勝× 武藤敬司 復帰戦 シングルマッチ 船木誠勝 諏訪魔

現在は高校、大学を卒業してからプロレス入りする選手か大多数であり船木や中嶋のようなケースは出てこなくなるように思います。 船木は第3試合、ヤングライオン杯公式戦で後藤達俊を相手にデビュー戦を行い、5分58秒、体固めで敗れました。

舞台、演劇、ミュージカル、クラシック、ライブ、寄席などエンタメ情報満載のチケットサイト。様々な公演・イベントのチケットをどこよりも安く予約・購入可能。配布中のフリーペーパーとも連動し、激安チケットやプレゼントも。

船木誠勝は1984年に新日本プロレスに入団した。若手ホープとして団体を背負っていく立場を期待され、ヤングライオン杯等に出場し、印象に残るような試合をしていた。

若手&前座、ヤングライオンのプロレス試合フィニッシュホールド写真を紹介してます!ギブアップ・レフェリーストップ・koなど若手プロレスラーの激しい戦いの記憶が興奮と共に蘇る!

ヤングライオン杯は1985年に第1回大会(優勝は小杉俊二)が開催されたが、2000年代は長いブランクもあって、毎年行われてきたわけではない。今回で12回目だ。 歴代優勝者には山田恵一、蝶野正洋、山本広吉(天山)、小島聡、中西学らが名前を連ねている。

新日本はプロレスが2017年後半に復活させた、若手選手によるリーグ戦「ヤングライオン杯」。このリーグ戦で、5戦全勝という結果を残した“マッスルモンスター”北村克哉が注目を集めています。「新日を変える大器」との声もある北村、どんな選手なのでしょうか?(文:高崎計三)

山田恵一(獣神サンダー・ライガー)のエピソードを教えてください。ライガーではなく山田のエピソードです。 やっぱりヤングライオン時代ですかね。第一回のヤングライオン杯では敗れたものの、二回目で優勝してジュ

第3回ヤングライオン杯優勝戦 蝶野正洋vs橋本真也 87.3.21後楽園 第4回ヤングライオン杯 公式戦 中西学vs山本広吉 93.3.9秋田 第4回ヤングライオン杯優勝戦進出者決定戦 中西学vs西村修

第一回のヤングライオン杯には決勝まで 進んだのですが、 試合前に負傷欠場 と なり、決勝戦はスーツ姿で感染せざるを 得ませんでした。 第二回ヤングライオン杯にも決勝に 進出 し、ここでは試合を行うことが できましたが、山田恵一

その後、1985年3月に当時最短デビュー記録だった16歳1ヵ月という記録を破り、船木誠勝は15歳11か月でプロレス界にデビューしました。 劇的な最年少デビューを果たした船木誠勝は、新日本プロレス所属の若手選手を中心とした大会であるヤングライオン杯に

第1回ヤングライオン杯争奪リーグ戦 1985年 優勝者・・・小杉俊二 準優勝・・・山田恵一 参加者 小杉俊二、山田恵一、武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋、船木優治、後藤達俊、佐野直喜、畑浩和

※ ’91年はヤング・ライオン・トーナメント ’02年は、アントニオ猪木杯争奪ヤング・ライオン・トーナメント ’04年秋は、ヤング・ライオン・闘魂トーナメントとして、それぞれヤング・ライオン杯とは別の

プロレスの八百長が暗黙の了解みたいな感じになってるけどなんで許されてるの?9ヤオ 1 名前: 太郎 (ササクッテロルT Spd1-E85n) 2020/01/21(火) 13:08:30.29 ID:AX6C/WYmp 公表してないんだから中にはガチだって思ってるやつもいるだろ

蝶野選手(ヤングライオン杯優勝でヨーロッパ遠征) 船木選手(骨法取得後、ヨーロッパ遠征) ですかねぇ。 まず、この3人に対しては会社の都合上、手は出せないですな尤も船木選手とはウマが合うのか、一緒に悪ノリはしていたみたいですけどw

(『山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦』開催決定、lion’s gate10・12新宿で開幕 |ぼくらのプロレス)前回大会である12年前(2005年)の第10回ヤングライオン杯は後藤洋央紀選手が優勝。後藤選手は今やg1優勝も経験済みのトップ選手。

<1985年> ・3月4日から4月18日まで開催された『第1回ヤングライオン杯』に出場。9選手が参加し8位に終わる。 ・4月からアントニオ猪木の付き人となる。 <1986年> ・2月28日から3月26日まで開催された『第2回ヤングライオン杯』に出場。

ヤングライオン杯も開幕となっていく。 ・ 【投票結果発表!】lineアカウント『ヤングライオン杯』“優勝予想”第1位は海野翔太選手で他を圧倒! | 新日本プロレスリング ポチッと応援(↓)お願いします

Skip navigation Sign in. Search

全国三千万人のプロレスファンの皆様 こんばんわ! 野武士、博多男、シャチホコ このフレーズでピンと来ましたか? 今回

③1/30 佐野(12分16秒 片エビ固め) 船木(ヤングライオン杯争奪リーグ戦) ④1/30 後藤(11分22秒 片エビ固め) 畑(ヤングライオン杯争奪リーグ戦) ⑤1/30 ザ・コブラ,D荒川(10分8秒 エビ固め)M・ボーン, F・イポ 新日本プロレス 1985年3月29日 群馬

中でも武藤敬司の「MUTOH KEIJI SPECIAL COLLECTION 1985-1999」はお気に入りで、今でも時々見ています。 船木誠勝 vs 鈴木みのる ヤングライオン杯決勝 石沢常光 vs 永田裕志

ヤングライオン杯歴代優勝者年表. 新日本プロレスが主催し、同団体の若手プロレスラーを中心としたプロレスのリーグ戦。(前身は、カール・ゴッチ杯) お気に入りに追加する

小杉選手、後藤選手との2年連続でのヤングライオン杯決勝、船木選手との骨法を駆使したシングルマッチ、総帥 アントニオ猪木にパートナーに指名されたり、藤原道場の門下生としてドン ナカヤ ニールセンとの格闘技に抜擢されるなどして頭角を現し

来年のヤングライオン杯は優勝? 「とんでもないっす。野上さんに負けないようにするだけで精一杯ですよ」 そして2009年。全日本道場での練習試合で鮮やかなドロップキックを見せた船木の姿が報道され

船木は試合後「小猪木の陰にしっかりと猪木さんの“闘魂”を感じた」と語ったが、これぞまさに輪廻というほかない。 脳裏にはあの一戦が

1985/4/18 両国国技館: アントニオ猪木vsブルーザー ブロディ 藤波 辰巳vsマシーンNo.1/ 2/2 第1回ヤングライオン杯優勝戦 小杉vs山田 恵一: AJPW 1989/4/18 大田区体育館: 三冠王座統一 ジャンボ鶴田 vs ス

ヤングライオン杯は1985年に第1回大会(優勝は小杉俊二)が開催されたが、2000年代は長いブランクもあって、毎年行われてきたわけではない。

船木vs小林邦明 山崎 一夫vsヒロ斎藤 山田 恵一vs高田 延彦 後藤 達俊vs小林邦明 高田 延彦vs山崎 一夫 IWGPジュニアヘビー級王座決定戦 高田 延彦vs小林邦明 藤波 辰巳vsディック マードック 前田日明vsSSマシン/ 2/3 / 3/3